232 / 237

★〔ゴムの日記念〕★美味しい時間〔後編24〕

話を戻すぞっ! なぜ俺はアキヒトのちんぼ……ちん、ぼーを握っているんだ?? 「それはね、統帥……」 「いや、いい!」 「統帥が股間の雄を握っているのは……」 「いいッ、喋るな!」 ゾワゾワゾワー アキヒトの口が一言一句紡ぐ度、背筋に悪寒が走る。 嫌な予感しかしない。 「統帥が俺のムスコを扱いて、自分の顔にぶっかけるんですよ♪」 「ギャアァァァー!!♠♠♠」 おおおっ 俺がっ 俺の手でアキヒト自身を握って、こすって。 「この硬いヤツからっ」 「種、搾りとってください」 「ウギャア♠」 「いいお返事です♪」 どこがだッ 心底嫌がってるの!! 自分の顔にアキヒトの~~♠♠♠ 「すりすり♪」 「ウギャ?」 「すりすり~♪」 「ウギャギャッ!」 アキヒト! 「お前?」 「はい」 「なにやってる?」 「統帥の手で俺自身をこすってるんですよ♪」 なんて事をーッ!! 「俺の手は、お前のち……ちちっ」 「ちんこ」 そう、それ! って、いちいち恥ずかしい名称言うな! 「……好きなくせに」 なんだ、その不満げな顔は。 違うな、アキヒト。 お前は間違っているぞ。 俺は、ちん……好きじゃないし。 俺の手は、お前のちん……を。 「こするためにあるんじゃない!」 「嘘つき」 「嘘じゃない」 「統帥自身、悦んでますよ」 俺がッ 俺自身が悦ぶなんて、そんな事ッ 「先走り垂らして……統帥やらしい」 先端から溢れる透明な蜜をすくいとった指をパクリと食べた。 「美味しい」 「俺の、俺の……」 「統帥のカウパー、美味しいです♪」 アキヒトがっ 「食べたー!!」 「統帥も試食しませんか」 「………………え」 「あぁ、そっか♪」 にやーり 「おい!」 「はい?」 「お前、良からぬ事考えてるだろう」 「とってもイイコトですよ♪」 「お前のイイコトは良からぬ事だ!」 「いいえ」 なんだ、その絶対且つ余裕な自信はーっ!! 「統帥は俺のを舐めましょう。絶対美味しいから」 「へ………」 「愛人のなんかより美味ですよ」 ………つん♥ 俺の頬っぺたに~~ 「あなたがあんまり可愛いから、ちんこキスしちゃいました♪」 アキヒトの先っぽ、当たってる!!

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

運動嫌いな男子高校生と、筋肉自慢の体育教師のお話。ちょっと大人の補習授業……。
8,217リアクション
282話 / 219,002文字 / 1,346
11/11 更新
「ぼくはおじさんががんばってるんだって、思うの……」何もない私は、無垢な貴方に恋をした。
4話 / 19,742文字 / 0
2017/7/27 更新
ある夜、魔法使い見習いのスパークルは、憧れの先輩魔法使いの姿をしたインキュバスに襲われて……。
5リアクション
6話 / 12,798文字 / 24
2017/12/17 更新
【R18】薔薇の咲き乱れる小さな雨の庭からそれは始まった。僕は永遠を知った…君と。
319リアクション
48話 / 87,796文字 / 216
2018/2/26 更新
『刺青-shisei-』というシリーズ物の小説のスピンオフ作品です。
426リアクション
17話 / 7,716文字 / 686
2018/8/4 更新
秋の実りを信仰する対象に捧げます。人の鳳凰も供物です
17リアクション
5話 / 7,659文字 / 44
11/2 更新