9 / 14

第9話

「痛っ。」 「ごめん。爪が当たった?」 はっとして、取り繕う。 「ううん。昨日、虫に刺された所をかきむしり過ぎちゃって。明のせいじゃないよ?」 明の方を振り返りながら、言う。 明にキスをすると、優しく髪を撫でてくれた。 「もう少し寝よ?まだ朝だよ?」 「うん♪」 明の胸に寄り添うと、背中をぎゅっと抱き寄せてくれた。 あったかい。 明の匂いにうっとりしながら、目をつむり微睡む。 目が覚めると、明はベッドにいなかった。 「あきらぁ?」 シンと無音が返ってくる。 ベットから降りて声をかけながら、部屋を歩き回るけど、いなかった。 靴がないのを見て、スマホを取りに部屋に戻った。 スマホに明からのメッセージはない。 ソファに座ってテレビをつけるともう午後1時半になっていた。 お腹へってどっか食べに行ったのかな。 膝を抱えて、顎をのせて丸くなる。 早く帰って来ないかな。 扉の音が聞こえて、足音が近づいてくる。 「舜、起きてたの?」 返事しないでテレビを見る。 テーブルにビニール袋を置くと、隣に座って来た。 「拗ねてるの?」 ほっぺにキスをされる。 「寂しかった?」 ぎゅっと抱き締めてよしよししてくれる。 「かわいい♪」 「置いてかれて怒ってるんだよ!」 「ははっ、やっとしゃべった♪」 口にキスをされるとほっこりしてしまう。 明はずるい。 こんなに大人で。 「ゆっくりしたかったから、カップ麺買ってきちゃった。どっちがいい?」 指を指す。 「すぐ食べる?」 頷く。 「プリンも買ったから、後で食べようね。」 キッチンにお湯を入れに行く後ろ姿をじっと見つめる。 一人で暮らしていた家にもう一人いるだけで、こんなに雰囲気って変わるんだなあ。 そのもう一人が重要なんだろうけど。 「はい。これが、舜の。」 スマホを取るとカウントダウンタイマーをセットした。 「え?計るの?」 と、言いながら、もう明は蓋をめくっている。 「え?なんで開けてるの?」 まだ1分も経っていないのに、明は何食わぬ顔で開ける。 「混ぜてたら、すぐ食べれるし。舜こそ、よく待てるね?」 楽しそうに笑いながら、ラーメンをつつく姿に呆然とする。 知らない一面に気づく。 明はもう食べ始めようとしている。 「もう食べるの?」 「うん。」 まだ形の残る麺を口に運ぶ明は男の子のようで、新鮮だった。 アラームを切って、すする。 久しぶりに食べたカップ麺はいつもより美味しかった。 「舜のちょっとちょうだい。」 息を吹きかけてから、口に運んであげる。 「やっぱそっちも美味しいなぁ。二個ともそれにしたら、良かったかな。」 目が合うだけでぽかぽかする。 「まだいる?」 「もう、いいよ。舜のがなくなっちゃうよ。…ありがとう。」 好きな人と一緒にいれるだけでいい、っていうお決まりの言葉が頭に浮かんだ。 「片付けやめて、この後、仲良くしない?」 明に首を触られてそこが熱を持つ。 「…ごめん。今日、お腹の調子が悪くて。」 「そうなの?じゃあ、お粥とかが良かったね。ごめんね。」 「ううん。そこまでじゃないから。大丈夫だよ。」 後ろめたい気持ちが胸を締め付ける。 隼人のが中に残っていたみたいでお腹の調子が悪い。 その事にイライラしていることを明に悟られないように装った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!