20 / 38

父と娘02

「恵も撃たれたたいですか? この女を守るおつもりなら、僕は恵でも容赦はしない」 「娘だからな」と私が言うなり、ライが俺の左肩に弾を打ち込んだ。 「それが僕の答え、だ……恵」  ライがキッと私を睨み、優衣へと視線を動かした。  神崎の腕が動いた。拳銃を手にし、倒れたままの状態で、ライの脳天に狙いを定めたのが見えた。  まずい! 間に合わないっ。 「莱……っ!?」  私は、スーツの下に隠し持っている拳銃に手を伸ばす。が、とうてい間に合わない。  ライも神崎には気づいている。だが、銃口は優衣に向いている。いまから照準を合わせていたら、間に合わない。  ドォンという音が鳴る。 「莱耶!」と私の声が響いた。 「そう何度も、私の手を煩わせないでくださいよ。ライさん」と、優衣の後ろに立っていたはずの城之内が、神崎の腕を足で踏みつけていた。 「城之内!?」と優衣が目を丸くして、悲鳴のように声をあげた。 「そもそも神崎を殺さなかった時点で、翔の失態ですよね?」とライがけろっとした表情で口を開いた。 「神崎から得られる情報は貴重……一発で仕留めたら怒ってたくせに」 「確かに」 「城之内……これは、ど、どういうことよ」  優衣が後ろにいる城之内を見て、睨み付けた。 「優衣様、見たまんまです。ライさんが貴方を撃った直後、私は山科と神崎に銃を向けた。私はもともと恵様の配下の人間ですから。それに銃の腕前は、ライさんの教えがあってこそ」  城之内 翔はにこりと笑って、神崎の手の甲に銃を撃つ。  ライもフッと笑いながら、神崎の銃を蹴り飛ばした。 「翔は蛍を陰ながらずっと守ってきた。あんたの護衛をしていても、蛍を傷つけた恨みから僕が感情のままに暴走しても僕側につく。それに恵に拾ってもらった恩もあるだろうし。簡単には裏切らない」 「簡単に私を裏切ったヤツが何を言うんだか」  私の独り言に、ライが私を睨んだ。 「恵、『僕の答え』と言ったはず。蛍をあんなにしておいて、『娘だから』と馬鹿なことを言うから僕は撃った」 「蛍は……生きてるの?」  優衣が痛みで顔をゆがませながら、問いかけてくる。 「それを知ってどうするんです?」  ライが優衣に冷ややかな視線を送る。 「蛍は……蛍は……」  強い意志の光を失った優衣が、うわごとの様に呟く。 「優衣様は、蛍様のことを」と意味ありげな表情で翔が言葉を濁した。  何を言わんとしているのかと理解したライが、ますます顔色を曇らせた。 「もう一発撃ちこんでやりたい」 「ライ、やめろ」  ライが振り返り、私の足元に一発ぶちかました。 「これで我慢しておきます」  両手に握っている銃をしまうと、スタスタと歩き出した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!