15 / 97

3-6

「お前みたいな俗民衆とクロ様は似合わない」 「僕ぁ、ちと目障りなクロへのイヤガラセが大好きでしてねぇ」 クロウが生やす肉色の触手は手加減なしに海を締めつけていた。 触手の先っぽはイソギンチャクのように細かに分裂していて、口腔に突き入ったそれは海の舌をぬるぬる擽る。 華奢な肢体に服越しにぐるぐるぐるぐる巻きついて、さらに、服の内側へも忍び込もうと蠢いた。 「んぅ~~……んん……っ」 縛り上げられて高々と宙吊りにされた海は身悶える。 クロさん、クロさん。 恋人の名を胸の内で呟きながら。 「クロウ、犯してごらん?」 アイレスは非道な命令を下す。 クロウは仮面を喜色に歪めて触手を波打たせ、さらに我が身から何本も産み生やし、身を捩る海へと……。 その時であった。 分厚い扉が凄まじい爆音と共に打ち破られたのは。 「俺の恋人に何しやがる」 煙と火に包まれた出入り口、肩にバズーカ砲を担ぎ、白衣をあちこち焦げつかせたクロが現れた。 「クロ様!?」 「ノックもなしに爆破だなんて物騒ですねぇ、クロ」 クロにくっついていたおたまが水を吐いて消火に励む中、ラボに入ってきたクロは仲間の二人を睨むよりも先に、宙吊りにされた海を見上げた。 バズーカ砲を無造作に投げ捨てるなり、急な襲撃に硬直しているクロウ目掛け、懐に忍ばせているメスを瞬時に放ち。 鋭い刃先を仮面に命中させた。 「あぁぁぁあ!」 悲鳴を上げたのはアイレスだった。 忽ち触手が力を失い、落下した海を、クロはすかさず抱き止めた。 「大丈夫か、無事か、海」 昼は一言も声を発さなかったクロが、咳き込む海を覗き込み、真剣な表情で問いかけてくる。 海は長い前髪越しに彼を見上げて頷いた。 「……クロ様……」 床に跪いていたアイレスが顔を上げた。 片目を覆う眼帯に鮮やかな赤を滲ませ、涙の如く、頬に一筋の血を滴らせて。 「いいか、よく聞けよ、二人共」と、クロは海を抱き上げたまま、呆然とするアイレスに、飄々と突っ立っている銀に言い放った。 「もう一度こいつを傷つけてみろ、その時は俺がお前らを殺す」 「ひどい言い草ですねぇ、仲間に向かって」 「他人を仲間だと思ったことなんて一度もないだろ、銀」 「うふふ、ご名答」 「クロ様、ごめんなさい、許して」 「その台詞はもう聞き飽きた、アイレス」 クロの激昂した眼差しにアイレスはぐすぐす泣き出した。 「クロ様ぁ~~」 血と涙を流す見目麗しいアイレス。 そんな主人に擦り寄る、仮面がひび割れて模様が不鮮明となったクロウ。 クロの激昂などお構いなしに海を堂々と真正面から眺め回す銀。 舌打ちしたクロは銀の目線を遮断するように海を抱き込むと、彼らを陰気くさいラボに残し、自分の居場所へと足早に引き返した。 「お前のおたまが教えてくれなかったらと思うと、ああ、ぞっとする」 空中を泳いでついてくるおたまをクロの肩越しに見、海は「ありがとう、おたま」と、小さく囁いた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

「淫靡な余興の奴隷として従うのであれば、殿下にふさわしい暮らしを保証しよう」
248リアクション
37話 / 128,693文字 / 429
2017/8/3 更新
「オレが欲しいのはキャンディでもチョコレートでもない。アンタの精液だ」
15リアクション
1話 / 4,025文字 / 140
2017/10/6 更新
連載中
双子と俺
ある日の放課後に俺は幼馴染2人に告られました
2話 / 924文字 / 0
2017/11/2 更新
年上へたれ正社員×年下ちょいゲスなバイトくん
521リアクション
34話 / 39,686文字 / 571
2018/4/2 更新
4話 / 5,800文字 / 0
9/13 更新
無邪気で無防備な童貞くんと、気持ちを認めたくなくてもがく百戦錬磨くん
27リアクション
10話 / 58,871文字 / 12
5/15 更新