14 / 25

第十四夜

    * * * 「レイ見て! カボチャ貰ってきたよ!」  ジャックが街から帰ってくるなり「ふう~窮屈だった」と、しまっていた耳と尻尾を外に出した。 手には大きなジャック・オー・ランタンと、市場で交換してきた布や食材の入ったカゴがぶら下がっている。  満月の夜以外なら、ジャックは完全に見分けがつかないほどうまく人間に擬態できる。 今日もレイの包帯を買い足すため、獣の証を隠して街へ出かけていた。 「このカボチャうまくくり貫けたでしょ? エマに手伝ってもらったんだ」  ジャックが得意げに胸を張る。  エマとは彼の話によく登場する少女のことで、街へ降りるたびに会っているらしい。 彼はもう立派な大人だ。仲の良い女性もできた。 レイさえその気になればいつでも人間に戻してやれる。 もう呪いをといてやるべきだと、良心がささやいた。 「明日はハロウィン祭だね。レイと出かけるのが楽しみで待ちきれないや!」 「ああ、私もだ」  歩き回っていたジャックをいたわるように撫でてやると、腰を引き寄せられ、唇をついばまれた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!