119 / 120

抗うことのできない恋ならば、いっそこの手で壊してしまえばいい42

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。  保管されている残りの資料を取りに行ってくれと、ローランドから命令されたベニーは、ハンドルを握りしめてアーサー卿の別荘を目指していた。 『すべて持ち出さなくていいように、全部で8個厳選しておいた。箱の右隅にRの印を付けてある。伯爵の細工をさけるために、とても小さな文字で書いてあるから、確認して運び出すように。あとはお前の目で見て、必要なものを持ち帰るように』 (昨日は資料を選ぶため、ローランド様は帰宅が遅くなったというのに、伯爵の別荘に行ったという事実にとらわれて、いらない嫉妬に駆られてしまった)  内心昨夜のおこないを反省しつつ、気を引き締める。向かう先が厄介な相手だけに、これ以上の失態は許されなかった。  あらかじめローランドに書いてもらった地図を見て運転していたが、途中からそれが必要なくなる。別荘と呼ぶには似つかわしくないくらいに大きな屋敷だったため、遠くからでもそれがよく分かったからだった。 「遠路はるばる、ようこそ執事殿。って、やはり男爵は不在だったか」  荷物の運び出しをする関係で、屋敷の正面に車を停めず、裏に駐車したというのに、伯爵がわざわざ勝手口から出てきた。  愛想笑いを浮かべながら車から降り立つベニーを見て、あからさまに落胆した表情の伯爵に向かって口を開く。 「お出迎えありがとうございます。電話では私だけが、こちらにお伺いすることを伝えていたのですが?」 「ああ、それは聞いていたけどね。男爵はシャイだから、隠れてやって来るかと思ったんだ」 「昨日の今日で、何度もこちらに顔を出す暇がございません。地元での会合に、出席の予定がありますし」  ぺこりと深く頭を下げて、一応詫びをいれる。 「男爵は昨日のこと、何か言ってた?」 「昨日のこととは?」  頭をあげて顔を見つめると、伯爵は蒼い瞳を細めて唇に微笑みをたたえた。意味ありげなその笑みに、嫌な予感が胸の中をよぎる。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!