3 / 446

第3話 優生side

松舞君。新しい友達。 いや、生まれて初めての友達。 すごく綺麗な顔をしていたなぁ。あれじゃあモテモテなんだろうなぁ。僕も松舞君くらい綺麗な顔になりたいなぁ。 「おい優生、止まってんぞ。」 「いっ!は、はい。」 そう言って僕の腰を蹴ったのは(はじめ)お兄ちゃん。僕の家族の中で唯一のアルファで正直、横暴で怖い。 「本当お前はノロマだな。さっきの男が気になんのか?」 「んぐっ、ぅ······さっきの······?松舞君のこと······?」 「松舞って言うのか。あいつの顔、すげえ綺麗だったな。あんな綺麗な顔してたら番には困ってねえだろうな。」 「······」 そうか。番······僕には一生番なんて出来ないんだろうな。こんな出来損ないを好き好んで番にする人なんて居ない。 「ぐっ、うぅ······」 「ほら、喉締めろ。」 口の中に無理矢理入れられたお兄ちゃんのペニス。喉奥まで入ってきて嘔吐くと喉が締まって気持ちいいらしい。 「ぶっ、ぐ······っ!」 「あー、出る。ちゃんと飲めよ。」 「んっ、んんっ!!」 喉の奥に出された精液を飲み込んで、やっと口からペニスが抜ける。 「お前もここで番が出来たらいいのにな」 「っ······」 そんなこと、思ってもないくせに。 どうせお兄ちゃんは僕の不幸を楽しんでるんだ。 「じゃあな」 「うん」 僕がレイプされた時だって、お兄ちゃんは助けてくれずに笑っていた。 「離れられて清々した。」 お兄ちゃんの後ろ姿を眺めながら、ポツリと呟いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!