4 / 376

第4話 千紘side

登校初日。クラス分けは昨日発表されていて、優生君とは同じクラスだった。 寮とは違って、学校では性別は関係ない。ここにはベータも、アルファだっている。 「おはよう、優生君。」 「あ、お、おはよう!」 オメガの席は端っこ。アルファとベータの勉強の邪魔をしないようにっていう理由らしい。そんな、邪魔なんてするつもりないけど。 「このクラスでオメガは僕達だけだって。」 「そうなんだ。なんか······ドキドキするね。」 「うん。ちょっとだけ、怖い。」 優生君の手が微かに震えてる。手を取って両手で包むと、優生君は柔らかく微笑む。 「優しいね。」 「優しい?これくらい普通でしょ。怖いのは俺も一緒。」 そうして話をしていると、突然机を蹴られた。ばっと顔を上げると、ベータかアルファかは分からないけど、オメガではないその人が俺達を見てニヤニヤと笑っていた。 「お前らがオメガか。確かに整った顔してるな。番になってやろうか?」 「は?」 「どうせ番がいなくて困ってんだろ?だからこの学校に入って番を探してるんだろ?」 優生君は俯いて、拳を強く握り耐えている。俺はこんな屈辱を受けて耐えられる程、大人じゃない。 「番になってやるってことは、あんたはアルファ?」 「ああ、だからもっと敬えよ。」 「······」 腹が立って立ち上がり、そのアルファを睨みつける。 教室はいつの間にかシンとしていて、視線は俺達を向いていた。 「あんたみたいなアルファが番だなんて絶対無理。番になる為にここに入ったって?そんな安易な考えしか出来ないの?少なくとも俺は1人で生きていけるようにここに入った。」 「あぁ!?」 胸倉を掴まれる。誰かが助けてくれると思ったけど、どうやら全員がこのアルファの味方らしい。 「無理矢理犯されてえか?」 「誰が。下らないこと言ってないで勉学に励みなよアルファさん。」 そう言ってやると、顔を赤くしたそいつは拳を振り上げた。 あ、殴られる。と思って目を閉じると「やめろ」と言う声が聞こえてくる。 「その子から手を離しなさい。」 「っ、東條(とうじょう)······」 「聞こえなかったか?今すぐ手を離せ。」 胸倉を掴んでいた手が離れる。苦しいのが無くなって、深呼吸した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!