9 / 469

第9話

朝になって目を覚ますと、体調はいつも通りだった。 寝癖を直すついでにシャワーを浴びて、制服に着替える。朝は食堂まで行く元気がなくて、またシリアルでお腹を満たした。 寮から学校へは徒歩で10分程度。 その間の道は整備されていて綺麗だ。 白樺学院に来るアルファは大抵金持ちが多い。その人達が出す資金のおかげか、建物も設備も綺麗で整っている。 「おはよう!今日の体調はどう······?」 「おはよう。もうすっかり元気。」 昨日も着ていたけど、ワイシャツに成長を見越して少し大きめのブレザーを羽織り、チェック柄のスラックスを履いた優生君は、やっぱり可愛い。 髪を伸ばせば女の子だと信じて疑わないと思う。 「今日は1限目から数学だってね。僕数学は苦手だから嫌だなぁ。」 「苦手なんだ。俺は英語の方が苦手かなぁ。」 「英語の方が得意だよ。」 凸凹だねぇって笑いあって登校し、教室に入ると昨日絡んできたアルファが、またしても俺達に近づいてくる。 「おい、お前ら東條とどういう関係だ。」 「東條先輩?」 昨日助けてくれた東條先輩は、どういう関係でもない。強いていえば先輩後輩の関係で、知り合い程度だ。 「昨日初めて会ったけど」 「······なら、あいつが何者か知らないのか。」 「何者でもいいよ。東條先輩は君とは違って優しいから。」 「······あっそ。1つだけ忠告してやる。生徒会にはあまり近付かないほうがいい。」 「え······?」 そんな意味不明な事を言って戻っていったアルファ君。 「優生君、どういうことがわかる?」 「わからない。でもあの人、昨日より優しかったね。」 「うん。······何か、人ってよくわからないね。」 少しすると麻倉先生がやって来て、朝礼が始まった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!