12 / 561

第12話

ショックを受けているのか、椅子に座って項垂れる千紘君。 「そんなの聞いてない······。何のためにあの受験戦争を勝ち抜いたと······。はぁ、だから赤目君は昨日俺達を馬鹿にしてたのか。」 「······それは悪いと思ってる······。でもそれが事実だ。けどな、生徒会の元に嫁ぐのは辞めておけ。」 その理由を教えて欲しかったけど、千紘君は今はそれどころじゃないみたいだ。 「優生君も知ってたの?」 「······僕は、元々そのつもりだったよ。お兄ちゃんがアルファだから、どっちにしろ僕は家に居てられないしね。」 「へえ、お前の兄貴アルファなんだ。兄弟でえげつない差だな。」 「あ、あはは······。」 僕もそう思う。せめてベータだったらなぁって。 「ごめん、ショックすぎて体調悪化した。帰る······。」 「はぁ?大丈夫かよ」 「お、送ろうか?」 「ううん、大丈夫。」 千紘君が立ち上がると甘い匂いがした。それを赤目君も感じたみたいで、千紘君の腕を掴む。 「おい、お前の発情周期はどうなってる?」 「はぁ?発情期なんて来たことないよ。」 「······そうか。早く寮に戻って鍵締めて寝ろ。」 「何?優しいんだかそうじゃないんだかわからない。」 そう言ってカバンを手に取り、教室からフラフラと出ていく千紘君。 「おい、あいつ······発情してねえか?」 「そう、なの······?昨日から甘い匂いはしてたから、香水じゃないのかな······?」 「······まあ、どっちにしろ寮に戻るなら問題ねえか。」 発情は珍しいことじゃない。 ちょうどチャイムが鳴って、次の授業が始まった。

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

杉原先輩{それは叶の一言からはじまった出来事だ。(R18)
...82
10話 / 9,048文字
2018/3/22 更新
春の夜、同級生を拾った──*ワンコ系イケメン×良妻賢母型(?)学年首席のお話です。
...10,257
492話 / 233,011文字 / 3,813
2018/12/24 更新
マフィアのボスとオネエの愛人がいたしているところを見せつけられる男の話。
5
1話 / 1,682文字 / 0
2018/3/30 更新
現代の遊郭で、硝子窓越しに出会ったあの人。
2話 / 593文字 / 0
2018/9/18 更新
4年ぶりに再会したあの人は遊び人だけど優しい人でした。
...329
450話 / 231,685文字 / 34
8/11 更新
明治初期、貧しさから豪族に売られた少年の運命は…
...303
12話 / 10,000文字 / 144
5/22 更新