12 / 223

第12話

ショックを受けているのか、椅子に座って項垂れる千紘君。 「そんなの聞いてない······。何のためにあの受験戦争を勝ち抜いたと······。はぁ、だから赤目君は昨日俺達を馬鹿にしてたのか。」 「······それは悪いと思ってる······。でもそれが事実だ。けどな、生徒会の元に嫁ぐのは辞めておけ。」 その理由を教えて欲しかったけど、千紘君は今はそれどころじゃないみたいだ。 「優生君も知ってたの?」 「······僕は、元々そのつもりだったよ。お兄ちゃんがアルファだから、どっちにしろ僕は家に居てられないしね。」 「へえ、お前の兄貴アルファなんだ。兄弟でえげつない差だな。」 「あ、あはは······。」 僕もそう思う。せめてベータだったらなぁって。 「ごめん、ショックすぎて体調悪化した。帰る······。」 「はぁ?大丈夫かよ」 「お、送ろうか?」 「ううん、大丈夫。」 千紘君が立ち上がると甘い匂いがした。それを赤目君も感じたみたいで、千紘君の腕を掴む。 「おい、お前の発情周期はどうなってる?」 「はぁ?発情期なんて来たことないよ。」 「······そうか。早く寮に戻って鍵締めて寝ろ。」 「何?優しいんだかそうじゃないんだかわからない。」 そう言ってカバンを手に取り、教室からフラフラと出ていく千紘君。 「おい、あいつ······発情してねえか?」 「そう、なの······?昨日から甘い匂いはしてたから、香水じゃないのかな······?」 「······まあ、どっちにしろ寮に戻るなら問題ねえか。」 発情は珍しいことじゃない。 ちょうどチャイムが鳴って、次の授業が始まった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!