14 / 223

第14話

目を開けると知らない部屋の知らないベッドの上にいた。 服も下着も変えられている。······えっ、誰に。俺は確か発情して、誰かに襲われそうになって、それから─── 「起きたか」 「······東條先輩」 またこの人に助けられた。 「服を着替えさせた。そのままだと寝にくいだろうし、下着も······汚れていたからな。」 「す、すみませんっ!!」 ベッドの上で土下座をする。途端にまた後孔からトロっと液体が溢れてきて、咄嗟に体を丸めた。 「抑制剤で一時的に発情を治めただけだ。またすぐに始まる。今のうちに寮に戻れ。」 「ぁ、ご迷惑を、お掛けしました······っ」 荷物を持って出て行こうとすると、「起きたの?」とドアから誰かが入ってくる。 「うわ、甘いね。お前よくこれでトばずにいれるな······。」 「自信が無いなら入ってくるな。」 入ってきたのはアッシュがかった黒髪の男の人。見た瞬間にわかった。この人はアルファだ。 「自信はあるよ。俺もトんだりしない。······ところでオメガちゃん。君、ちゃんと自衛しないと駄目だよ。今回は東條がいたから何とかなったけどさぁ。」 「······あの、だ、誰ですか。」 カバンを抱きしめながら聞くと、ニンマリ笑ったその人は俺の手をそっと撫でてくる。 「ひっ!」 「高良(こうら) 悠介(ゆうすけ)。2年、生徒会書記、よろしくね。」 「高良やめろ。松舞は早く帰れ。」 「は、はい、すみませ······っんんぅ!」 歩こうとしたら、高良先輩に乳首を抓られた。腰が抜けて床に座り込むと、途端に体が熱くなる。 「あーあ、ダメだねこりゃ。この子あんまり抑制剤効かないタイプじゃない?今のでこれだよ?」 「何をしてるんだ!!くそっ······おい、お前も抑制剤を打っておけ。」 「げっ、あれ痛いんだけどなぁ。」 またベッドに降ろされる。 熱くてたまらなくて、服を脱ごうとすると、その手を掴み止められた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!