15 / 223

第15話 R18

「ぁ、やだぁっ、あつい、熱いっ!」 「おい、松舞にも打て!」 「でもさっきしたばっかりでしょ?副作用が出るかもしれないから駄目だよ。」 熱い、駄目だもう無理。 頭がおかしくなる。 「んぅっ、ぁ、やだっ······!」 「おい、しっかりしろ!」 「無理だって、発情期に入ったらオメガは考えられないよ。······にしても、初めて発情したの?これは酷いねえ。」 よくわからない会話をしてる。熱いのをやめて欲しくて、バタバタ暴れると、急に服を脱がされた。 「要は項を噛まなきゃいい。少しでも発散出来たらマシになるよ。······お前が出来ないなら俺がするけどどうする?」 お腹を撫でられると気持ちよくて鼻から抜けるような声が出た。 ペニスからも後孔からもトロトロと蜜が溢れる。 「······お前に任せる。」 「はいはーい。この子の名前は?」 「松舞千紘だ。」 高良先輩の顔が、目の前に迫った。ポケーっと眺めていると優しくキスをされる。 「楽にしてあげるからね」 「ぁ、う······」 そう言うやいなや、高良先輩の手がペニスに触れて激しく扱かれる。たまらず射精して、意識が飛びそうになった。 「あ、やべえ······自信あるって言ったけど無いわ。当てられそう······」 「しっかりしろ。」 「わかってるって······」 キスをされると気持ちよかった。舌先がジーンと痺れて、もっと欲しくて先輩の頬を両手で挟んで離れないようにする。 「ん、っぁ、ぅ······、───ッッ!」 「っは、あー、なあ東條、挿れてもいいかな。」 「······避妊はしろよ。それと松舞から許可を貰え。」 高良先輩の手が、頬に触れる。 涙を拭われ、視線をあげると困ったような表情をした。 「ねえ、抱いてもいい?」 「······っ」 首を横に振る。 嫌だ、誰かを受け入れるのは怖い。それも、今あったばかりの人に抱かれるなんて考えられない。 「えー、ダメなの?何で?気持ちいいよ?」 「きゃ、うぅっ!」 濡れた後孔に高良先輩の指が入ってきて、背中が弓なりに反れた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!