16 / 223

第16話 R18

グチュグチュと音が鳴る。それが自分から出てる音だなんて思いたくない。 「あっ、あーっ!」 「ほら、気持ちいいでしょ?奥までしてあげれるよ?それでも嫌なの?」 「あふっ、ひ······っ、きも、ちぃ······!」 「ねえ?挿れてもいい?」 奥の方を指で突かれる。涙が止まらない。俺はこんな事がしたいわけじゃないのに、どうしても抗えない。 「やっぁ、イク──ッッ!」 「上手だねえ。ほら、俺のことも気持ちよくして。」 息も絶え絶えになっている俺にそう言った高良さん。怖い、けど、もっと気持ちよくして欲しい。ずっと熱が燻ったままで、熱いのが無くなってくれない。 「挿れていい?」 「んっ、いい······っ、ぁ、挿れて······!」 そう言うと高良さんはニヤッて笑った。 「東條、出てって。」 「ちゃんと避妊しろよ。それから······無理はさせるな。」 「はいはーい。」 「発情期の届けは出しておく。」 「うん、よろしく。」 指が抜けて、代わりに宛てがわれた熱。 くぷって音を立ててそれが入ってきて、途端体にぶわっと快感が走って、いつの間にか射精していた。 「っ、っ······!」 「はぁ······っ、すげえな、あっちぃ······。」 律動されてシーツを掴む。 「上手だね。セックスするの初めて?」 「はぁぁっ、はじめ、て······こんな、ぁ、怖い······のに、きもちぃ······っ!」 「そう。初めてなんだ。可愛いな······。」 「あー······っ、ぁ、いく、イくぅっ······!」 連続して達して、頭の中が真っ白になった。 苦しくて呼吸が出来ないでいると、止まってくれてゆっくりと頬を撫でられる。 「いい子だね。ねえ、俺達番にならない?」 「ぁ、ぇ······?」 「番だよ。首輪、外して?」 首輪······外すの?何で······? 「番······?」 「うん。俺と番になろう?」 「んぁ、や······やだ······」 首輪を撫でた高良さん。その手を掴んで首を振った。 「だめ、だめなの······っ」 「······だめなのかぁ。じゃあ仕方ないね。」 優しかった律動が激しくなった。 あっと思った時には遅くて、大きな快感が体に走って意識を飛ばした。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!