20 / 469

第20話 千紘side

高良先輩に甘えて、その腕の中で気の済むまで泣いた。 病院を出る頃にはもう放心状態で、歩くのもフラフラで、一緒にしてくれていた赤目君に背負われていた。 「あれ······でも、何で赤目君がいるの······?」 「はぁ?」 「千紘君が心配で寮に戻ったら姿がなかったから、慌てて赤目君に言ったんだ。そしたら寮で待ってるしかないって。そこで君が高良先輩と来たから······」 ああ、なるほど。俺はどうやらたくさんの人に迷惑を掛けたらしい。 「······ごめんなさい。」 「······何だよ、お前がそんな感じだとこっちが気まずいわ。」 「まだ出会って2日目で何言ってるの」 クスッと笑うとどんよりしてた空気が少しマシになった。 寮に着いて赤目君の背中から降りる。 「ありがとう。」 「いや、ゆっくり休め。」 「千紘ちゃん、何かあったらすぐに言うんだよ。······あっ!連絡先交換して!」 高良先輩と連絡先を交換すると「俺も」「僕も」と赤目君にも優生君にも言われて、結局全員と連絡先を交換した。 「誰にでも連絡して。1人でどうにかしようとしなくていいからね。」 「あ、ありがとうございます······。」 皆が優しくてどうしたらいいのかわからない。戸惑っていると高良先輩に頭を撫でられて、「さあ、もう帰りな。」と俺と優生君は背中を押されて寮に入った。 「迷惑かけてごめんね。」 「そんなの気にしないで!僕も、甘い匂いしてた事に気付いてたのにごめんね。」 「甘い匂いしてたの?気付かなかったな。」 あはは、と笑うとそれが優生君には痛々しく見えたのか、俺の事を抱きしめて「無理しなくていいんだよ」って言ってくれた。 「僕もね、初めて発情期になった時不安で不安で仕方がなかったんだ。それでもその時は家族がいたから大丈夫だった。でもここは寮だから、家族もいないでしょ······?」 「······うん。本当は凄く不安で、できることなら今すぐにでも番を作りたいよ。」 「そうだよね。俺もその方がきっと、他の人に何かされる不安もなくなるから、早く番を見つけたい。」 本音を話すと止まらなくなった。 「運命の番って知ってる?」 「ううん。何それ。」 「あのね、運命で結ばれてる番の事を言うんだよ。出会った時にはわかるらしい。それも稀だから迷信だって言われてるんだけど、それでも僕はそういう人に会いたいんだよね。」 なんだその素敵な話。 俺もそういう人と番になりたい。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!