24 / 446

第24話 R18

あー、可愛い。 このまま頭を押さえつけて、苦しいって千紘ちゃんが泣くくらいに律動したい。 「ぁひっ、あぁーーーッ!」 「トロトロだね。可愛い。」 千紘ちゃんの後孔に手を伸ばして指を挿入した。真っ赤な顔に、口周りを涎でベタベタにさせている。 口もいいけど、千紘ちゃんの中に入りたいな。 「千紘ちゃん、中に入りたい。」 「んふ······ふっ、ぁ、せーえき、飲むの······」 「うん、だからそれは最後。先に入らせて」 そう言うと唾液をぽたぽたと零しながら、俺を見上げてくる。 「千紘ちゃん、抱いてもいい?」 「······ぁ、だ、だいて、」 許可をもらって千紘ちゃんを押し倒した。 テラテラになったペニスにゴムを着けて、後孔にそれを押し付ける。 「んふっ、ふ、うぅあ、あ······っ!」 「っ、は······!」 あー、ダメだ。挿れたらもう、すぐにだめになりそう。焦らすみたいに先端だけ挿入して止めると、千紘ちゃんは腰を揺らして早くと促してくる。 堪らずに千紘ちゃんの腕を掴んでズンっと一息に奥を突く。 瞬間に千紘ちゃんの背中が反れて、ペニスから潮を吹く。 一気に千紘ちゃんの体から力が抜けて、顔を見れば意識を飛ばしていた。けれどそれに構ってられる余裕はなくて、そのままガツガツと奥を突くと内壁がキューっと締め付けてきて気持ちいい。 「はぁっ、はぁー······っ」 汗がポタポタと落ちて、暑いなと服を脱ぎ捨てる。 「あー、噛みたい······噛みたいっ······」 今すぐ千紘ちゃんの首輪を外して項に噛みつきたい。唇を舐めて、噛みたい衝動を堪える。 「千紘ちゃん、千紘ちゃん······起きて。」 「············」 「俺のものになって······っ」 そう言って千紘ちゃんの胸や腹に噛み付いた。沢山歯型がついて、鬱血してる。 「······っ、ぁ、あぁ!」 目を覚ました千紘ちゃん。ああ、早く精液をあげないと、この子が辛い思いをする。 「っ、くそ!」 後孔からペニスを抜いて、ゴムを外し、千紘ちゃんの顔の前でペニスを扱く。 「口開けろ」 「ん、ぁ、あ······」 荒っぽい口調になっちゃった。 それだけ余裕が無いんだ。 「っ!」 「んぶ······っ」 千紘ちゃんの口の中に射精すると、千紘ちゃんの口の端から精液を零しながら、ごくごくとそれを飲んでいく。 「ん、あま、い······」 「あーんして」 「あー······」 ぐちゃぐちゃになってるのが可愛い。 口の中に指を入れると蕩けた顔のままチュパチュパと指を吸った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!