29 / 446

第29話

「千紘ちゃーん、怒ったの?」 「いえ、別に。」 確かに俺も嘘臭いって思った。でも、そんなものもあってもいいなぁと思ったのも事実。 「運命の番に期待はしてないです。」 「ああ、そう。」 「でも、そんなのがあったら素敵だなって。」 「······俺はそうは思わないけどね。」 高良先輩の表情が暗くなった。 何を考えているのかわからないけど、だからこそどうしてそんなに悲しそうなのかわからなくて、「先輩?」と声をかけた。 「ん?」 「大丈夫ですか?」 「大丈夫だよ?いや、ごめんね。ちょっと考え事。」 ふーん、と軽く返事をして、お腹すいたなぁと時計を見ると丁度12時だった。 「先輩、お腹すきました。」 「そうだね。何か頼もう。何食べたい?」 「消化のいいもの」 「了解」 どこかに電話をかけた高良先輩。俺は髪をドライヤーで乾かして、ベッドのシーツを替えて、そこに腰をかけた。 「すぐに来るからね。」 「あ、はい。ありがとうございます。」 隣に座った高良先輩。じっと目が合ってずっと見てくるから、逸らさないでいると、急にキスされた。驚いて後ろに仰け反るとニヤニヤって嫌な笑みを浮かべる。 「さっきまでいっぱいしてたのに。」 「ッ!そ、それは、発情しちゃってて······!」 「そうだねぇ。可愛くて好きだよ。」 またキスされて、咄嗟に顔を離し高良先輩の口を両手で抑えた。 「ダメです!」 「······ふふ」 「ひゃっ!」 手をペロッと舐められた。慌てて手を引くと腰を引き寄せられ、抱き締められる。 「発情期が終わるまで、番みたいなことしてもいい?」 「······そ、それ、楽しいですか?」 「うん。楽しい。千紘ちゃんの表情がコロコロ変わるの近くで見てたい。」 先輩の肩を押して距離を取ろうとしても、力が叶わなくて、結局先輩の腕の中に閉じ込められる。 「ね、ダメ?」 「······終わるまで、ですよ。」 「うん。ありがとう。」 抵抗をやめるとキスされて、「好きだよ」って言われた。顔がぶわっと熱くなった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!