30 / 446

第30話

その日から暫く、殆ど毎日高良先輩の精液をいただいて、何とか初めての発情期が終わった。 体はもうクタクタで、朝起きても体を動かせない。 「千紘ちゃん、今日は寮に戻って、そこで休もうね。」 「······だめ、今動けない······。」 「あー、そりゃあそうか。昨日もヤリっぱなしだったもんね。」 逆に、何で高良先輩がそんなに元気なのかがわからない。 「入学早々1週間も休んだから、勉強にもう追い付けなさそう······。」 「それは大丈夫でしょ。倍率が高いだけで、勉強する内容はそんなに難しくないよ。」 「そうなんですか?偏差値高かったと思うんだけど······」 「そうなの?······まあでも、初めの1週間だし、中学の復習くらいしかしてないんじゃない?むしろ担当の先生の自己紹介で終わってるかも。」 高良先輩のその言葉を信じることにして、先輩に服を着せてもらって体を起こした。 「おぶってあげるから、ここまで頑張って。」 「······先輩、腰が痛い。」 「そりゃああれだけセックスすればね。」 ベッドの縁に座る高良先輩の背中に寄り掛かる。そうすると先輩は立ち上がって、俺のお尻を支えて落ちないようにしてくれる。 「高良先輩」 「んー?」 「噂でね、生徒会の人とは関わらない方がいいって聞いたんです。」 「酷い噂だなぁ。家柄のことに対してならその通りかもね。」 家柄?そう言えば生徒会は金持ちだって赤目君が言っていたっけ。 「先輩は生徒会書記?」 「そうだよ。あれ、言わなかったっけ?」 言われた気もするけど、初めて聞いた気もする。荷物を持って部屋を出た高良先輩は、オメガの寮に向かう。 「じゃあ、先輩もお金持ちだ。」 「んー、まあ、そうかな。」 「お金持ちだから、関わらない方がいいって言われてるんですかね。俺は先輩と関わって、いい人だと思うし、むしろ俺が迷惑かけてるのに。」 そう言うと先輩は小さく笑った。 表情は見えなかったけど、少し寂しそうな笑い方だったと思う。 「高良先輩」 「なあに?」 「俺、高良先輩の優しいところ、皆に知ってもらいたいです。」 「あれー?俺が優しいっていう噂は流れてないの?」 「知らないです。」 寮について、門の前で背中から降ろされる。 荷物を受け取って、先輩に頭を下げた。 「お世話になりました。」 「いいよぉ。これからも何かに困ったら気軽に言ってね。」 「ありがとうございます。」 やっぱり、優しい人だ。 先輩は優しく笑って、俺が寮の中に入るまで見ていてくれた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!