31 / 446

第31話 悠介side

千紘ちゃんを寮に送り、俺も1度寮に戻ってから学校に向かった。 まず行くのは教室じゃなくて生徒会室。中に入ると生徒会長が書類を睨みつけていた。 「おはよ」 「ああ、おはよ······おい、お前凄く甘いぞ。」 訝しげに俺を見てそう言った会長。 自分の匂いを嗅いでみるけど、いつも通り。甘いとは思わない。 「ちゃんと朝から風呂入ったんだけどなぁ。」 「······悪いがあまり近づかないでくれ。」 「あ、うん。俺の方こそごめんねぇ。······で、その資料は何?」 「カボチャを使ったレシピだ。煮付けと天麩羅位しか今までしたことがなかったんだけど、新しいものも食べたいと思ってな。」 会長は少し変わっている。 生徒会の中で1番金を持っているのはこの人。それなのにいつも何故か自炊している。 「カボチャは切るのが大変なんだ。でも最近テレビで見た。てこの原理を使えってな。」 「······そう」 テーブルを四方から囲むソファーの1つに座る。向かい側に座る会長は「これは美味そうだ」と言って資料に丸を付けていた。 「ところで、オメガの相手、大変だったな。」 「東條達に聞いたの?」 「ああ。そのオメガも入学早々大変だったな。やはりオメガに対してのサポートをもう少し厚くするべきだろうか。休んだ授業分、良く出来る先輩や教師が個別で教えてやるとか。」 「うーん、それはオメガの子に聞いた方がいいんじゃない?」 そう言うと会長はこくこくと頷いた。 「そうだな。早速明日オメガを集めよう。手配をしておいてくれ。」 「えー、俺そう言う担当じゃない。」 ブーブーと文句を言えば、会長が俺を見て目を細める。 「お前の気になるオメガに会えるんだぞ?」 「······そんな事しなくても会えるけど。」 「いいだろ、手伝え。元はと言えばお前のそのオメガがきっかけで······」 「あー、はいはい。わかったわかった。」 自分が文句を言うのは言いけれど、誰かに言われるのは嫌いだ。 「よし。決まりだ。今からその事を書いたプリントとアンケート用紙を作ってくる。」 「はーい、いってらっしゃい。俺はもう少ししたら教室に行くよ。」 「ああ、じゃあな。」 意気揚々と生徒会室を出ていく会長。 俺はソファーにごろっと寝転がり、少しだけ眠ろうと目を閉じた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!