36 / 446

第36話

結局、匡から貰うはずだったプリントは、明日匡が学校に持ってきてくれることになって、俺と優生君は寮まで送ってもらい、匡と別れた。 「匡は優しいね。他人の為に怒れるんだよ。」 「······あのね、千紘君。」 「うん、何?」 廊下を歩いていると優生君が突然立ちどまった。振替って優生君を見ると恥ずかしそうにもじもじしていたけれど、少し待つと顔を上げて真剣な目で俺を見た。 「ぼ、僕、匡君が、好きかもしれない······!」 「え、そ、そうなの!?わあ!いいないいな!好きな人が出来たんだね!」 「千紘君はっ!?」 「え?」 純粋に嬉しかったのに、優生君は切羽詰まったように言葉を投げてくる。 「千紘君も匡君のこと、いいなって思ってるんじゃないの?優しいってよく言うし······。」 「······いや、友達としては素敵だなって思うけど、そういう目では見てないよ。恋人になって欲しいって思ったことは無いかな。」 「嘘だあ!」 突然優生君がそう言って来た。いや、嘘じゃないし。 「この事で嘘吐いて、俺に得はないよ。だから嘘じゃない。」 「······狙ってない?」 「狙ってないよ。寧ろ応援してる。」 そう言って小さく笑うと、緊張していたのか優生君はクシャりと笑って、それから泣きそうになる。 「泣かないで」 「だ、だって、なんか······っ」 「匡に伝えようよ。他の人に取られる前にね。」 そう言うと恥ずかしそうに俯いて、けれど確かにコクリと頷いた優生君。 よし、俺は全身全霊で応援するぞ。 「なんなら今から行く?」 「だめ!それはダメ!心の準備が出来てない!」 「あ、ああうん、わかった。ごめんね。」 凄い剣幕で拒否されて、思わずたじたじになった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!