39 / 697

第39話

*** 翌日、いつも通りに学校に向かう。 いつもより学校がざわざわしている気がするのは、ただの俺の気の所為だろうか。 「おはよう!」 「あ、おはよう。」 教室に着くと千紘が早速俺の方にやってきて「ごめんね、プリントある?」と聞きながら両手を出してくる。 「ああ。あとノートはコピーした。」 「えっ!?お金返すよ!ありがとう!いくら?」 「要らない。これがノートで、こっちがプリント。分からないところあったら言ってくれたら教えるから。」 「本っ当にありがとう!!」 そういえば、優生は席に着いたまま、どこかを緊張した面持ちで見ている。 「優生、おはよう。」 「おっ、おはようっ!」 「あー、お前ら今日の放課後何かあるんだったな。」 「そうなんだよー!オメガだけ生徒会から呼び出し。何かやだよね。······まあ、高良先輩もいるし、東條先輩もいるから、あんまり大きな声では言えないけど。」 えへ、とわざとらしく笑った千紘は、何故か俺をにんまりとした顔で見てくる。 「何?」 「ううん!あー······、俺ちょっとトイレ!」 「えっ、千紘君!」 千紘がわざわざ報告をして教室から飛び出した。優生は何故かオドオドしている。もしかして未だに俺が怖いのか? 「おい、何でそんなに挙動不審なんだよ。」 「あっ、あ······えっと······」 「何かしたか?」 「違う!」 大きな声でそう言って、椅子から立ち上がった優生。俺の腕を掴んで、そのまま教室を出てどこかに向かう。 「優生?どこ行くんだ?」 「は、話があるのっ!」 「わかったわかった。ちゃんと聞くからちょっと待てよ。」 教室に千紘が戻ってきた時、1人だと俺達はどこに行ったんだって、きっと不安がる。それはあいつがオメガだからってこともあるけど、1人にされるのは誰だって嫌だと思うから。 「千紘が1人だと寂しがるぞ。」 「っ······ち、千紘君の事が好きなの?」 「は?」 立ち止まった優生にそう聞かれて、思わず思考が停止した。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

自らをアルファと信じて疑わなかったエリート青年の身体が突如、意思と裏腹に疼きだす……!
8リアクション
1話 / 6,999文字 / 40
2017/4/29 更新
尽くして下さい。私は貴方を支配したい。
1話 / 81文字 / 20
2017/9/29 更新
臆病者同士の恋。
13リアクション
1話 / 1,472文字 / 0
2017/11/18 更新
「君の残りの命――僕に預けて欲しい」高校生たちの甘く切ない恋物語
26リアクション
7話 / 8,830文字 / 20
2018/11/1 更新
R18 ヤンデレ美形年下α×薄幸平凡年上Ω
4,513リアクション
64話 / 45,992文字 / 1,675
1/26 更新
31リアクション
3話 / 9,333文字 / 0
21時間前 更新