44 / 446

第44話

何だか幸せになれそうな匂い。 今入ってきた人が香水を付けているのかなとその人を見ると、背中にビリビリと電流のようなものが走った。 「オメガの諸君、集まってくれてありがとう。俺は生徒会長の赤目 偉成(いっせい)だ。」 名前が苗字が赤目ってことに驚いた。そしてその見た目は匡に少し似ている。 いやそれより何より、今体に走った感覚が強烈すぎて頭がクラクラする。 ぼーっとしていると、生徒会長と目が合って、会長も目を大きく見開き固まった。 「······副会長······高梨(たかなし)はどこにいる。」 「ここにいますが。」 「説明をしてくれ。俺は······少し用ができた。」 そういうや否や、俺に近づいてきて腕を取られる。 「立て」 「っ!」 抵抗しようにも、会長の言う言葉通りに体が動いてしまう。それを止めることは出来ない。 「か、会長ー?千紘ちゃんに何するつもり?」 「悪いな高良。かぼちゃについてはまた今度話してやるから、今はそこを退いてくれ。」 「いや、かぼちゃじゃなくて、千紘ちゃんに対してなんだけどな······」 結局、会長が俺になにか悪いことをするんじゃないと思ったのか、高良先輩はドアの前から退いて、俺と会長を外に出した。 触られてる部分が熱い。何これ。まるで発情期の時に感じた熱さみたいだ。 そのままどこに連れていかれるのかと思っていたら、着いた先は生徒会室だった。部屋に入った途端、壁に体を押し付けられ、目の前に迫る会長の綺麗な顔にドキリとする。 「すまない、体が勝手に動くんだ。許してくれ。」 「え······っん!」 唇に当たる柔らかいそれ。 次第に舌が口内に入ってきて、蹂躙する。 気持ちよくて抵抗なんかする気は起きない。むしろもっと欲しくて、会長の背中に腕を回す。 「んはっ、ぁ······っ、くる、し······っ」 あまりに長い口付けに息が出来なくなって、会長の胸を叩いた。ゆっくりと離れて、目が合うと驚いた。まるで飢えた獣だ。 「か、会長······?」 「······お前、名前は。」 「松舞千紘、です······。」 「俺の名前はさっき教えたな。······呼べ」 アルファには逆らえない。それがいつも嫌だったのに、今はむしろ従いたい。 「······い、偉成」 そう言うとまたキスをされて、その熱に溺れた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!