48 / 450

第48話

「ごめん、つい取り乱した。」 「いや······あんた、千紘が好きならちゃんと守れよ。」 「守る?会長から?それはもちろんだけど。」 「それもだけど、あんたは生徒会の役員だ。狙ってるオメガは多いだろ。千紘とあんたが仲良いとなるとよく思わない奴もいる筈だ。」 そう言われて思いつく人物は安達君。 あの子はやけに俺に執着してるように思えるかは、少しは警戒するべきなのだろうか。 「忠告ありがとう。」 「いや······。じゃあな」 後輩が"じゃあな"なんて言うか?と思ったけど、今は目を瞑ってやろう。 部屋に入って鍵を閉める。 「千紘ちゃんが頼るのは、俺だけがいいなぁ。」 ぽつりと呟いた言葉はただの願望で、誰にも届くことは無い。 本当にそうなって欲しいんだ。 千紘ちゃんを幸せにできるって、自信があるから。 「千紘ちゃんは暫く学校に来ないかもな······」 俺なら動揺して学校になんて行ってられない。とはいってもアルファとオメガじゃ感じ方がきっと違う。 きっと俺が考えているより、もっと深刻で、怖いと思う。 「······チビちゃんが見ててくれたらいいんだけど。」 でも、今日は来てなかった。体調不良って言っていたな。 喧嘩とかじゃないならよかった。 とにかく、赤目君に言われた通り、千紘ちゃんを守らないと。 ふにゃふにゃだった気持ちに喝を入れてシャキッとさせた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!