221 / 376

第221話

「な、なに、どうしたのっ!」 胸を叩かれて唇を離す。 「······ごめん」 「何かあったの?すごく不安そうな顔してる。」 顔を両手で包まれる。 じっと目を見られて「大丈夫?」と聞かれたが返事ができない。千紘の背中に手を回して、甘えるように千紘の肩に額をつけた。 「偉成······?」 「······俺は、自分で選んだつもりなんだ。」 「え、何を······?」 それが、いつの間にか他の力に選ばれていたのか? 「偉成、おかしいよ。ちょっと休んで」 「千紘の事、自分自身で選んだつもりなんだっ!」 さっきまでの自信がぼろぼろと崩れていく。 涙が零れ、頬に伝う。 「いっ、せい······?」 「千紘······俺は、お前を愛してて、お前が欲しくて仕方がなかった。だから番になったんだ。」 「うん······」 千紘の温かい手が背中を撫でる。 他人の言葉なんて無視すればいい。俺が大切にするべき言葉は千紘のものだけでいいと思うのに、ざわつきが止まらない。 「大丈夫だよ。偉成が俺を選んでくれて、俺が偉成を選んだんだよ。」 「······ああ」 「誰に何言われたのかはわからないけど、俺の声だけ聞いて。俺が言っていることは嘘じゃないよ。······ねえ、顔見せて。」 そう言われて顔を上げる。泣き顔を見られるなんて恥ずかしいけれど、千紘にならまあいいか、と思う。 「泣いてるの?そんなに不安だったの?」 「······不安だ。今もまだ······」 「どうしたら不安じゃなくなるかな······。あ、偉成のすごい所言おうか?」 「いや······恥ずかしいからやめてくれ。······でも、しばらくこうしてて欲しい。」 千紘を抱きしめて、そのまま動かない。 体温を感じるだけで心は落ち着いていく。不安はまだ薄れないけど、少し冷静になりたい。 「偉成、好きだよ。」 「······っ、ありがとう······」 また涙が頬を零れていった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!