5 / 2071

第5話(フレイン視点)

「やあジーク。今から宴かい?」 「ようフレイン、お前も宴……って、うっわ! ひっどい有様だな。その格好で参加するのかよ?」 「ありゃ、そうだった」  自分の姿を見下ろしたら、白い上着にべっとりと血糊が付着していた。アクセルの血がついていたのを忘れていた。  そう言えば、肩の傷も治していない。宴の前に治療して着替えてこなくては。  ジークが片眉を上げてこちらを眺める。 「ていうか、お前がそこまで汚されるなんて珍しいじゃん。誰にやられたんだ?」 「アクセルだよ。三ヶ月前に入ってきた新人の」 「え、マジで? すげぇ! そいつ、何位だっけ?」 「ええと……何位だったかな。細かい数字は忘れちゃった。でも最近100位以内に入ってたような気がするよ」 「へえ、そうなのか。なかなかのスピード出世だな」 「まあね。ぼんやりしていると追い抜かれそうだ」 「ランキング三位の美麗戦士サマでも、そう思うことがあるのかよ?」 「そりゃあね。三ヶ月で『狂戦士(バーサーカー)』になれる人はそう多くないからさ」 「え? 狂戦士にまでなったのか?」 「なっていたよ。無意識だったけど」  エインヘリヤルは、ある一定の強さに達すると狂戦士モードに入ることがある。身体が軽くなり、痛みに怯まなくなり、視界がクリアになって、戦闘力が飛躍的に向上するのだ。  この「狂戦士モード」は本来かなりの練度が必要であり、三ヶ月程度では到底身に付くものではない。そういう意味では、アクセルはかなりの才能を持っていると認められる。  もっとも、本人は「狂戦士モードに入った」ことを自覚している様子はなかったが。  ジークが苦笑した。 「自覚できないうちは、狂戦士なんてなるもんじゃないぜ。下手したら魂壊されて蘇生できなくなっちまう」 「うん。だからそうなる前に殺しておいた。オーディン様の戦士を無駄に減らすわけにはいかないからね」  それに……と、フレインは思う。  せっかくあの子がヴァルハラに招かれたのだ。生前の功績が認められ、オーディン様の戦士としてここで暮らすことを許されたのだ。  ならば存分に楽しまなければ。血と愛にまみれた狂闘を、永遠に。

ともだちにシェアしよう!