8 / 2044

第8話

「ところであのカカシ、もうボロボロだね。新しいのを作ろうか」 「あ、ならその前に試し斬りを見せてくれないか?」 「試し斬り?」 「兄上のその武器、ものすごく切れ味がいいんだろう? 一度見てみたいと思ったんだ。どうせ捨てるなら、あのカカシで試し斬りをしてくれないか?」 「ああ、そういうことか。うん、いいよ。よく見てて」  フレインがカカシの近くで足を止めた。脇に下げている武器の柄を握り、静かに構えの姿勢をとる。まだ武器は鞘に収まったままだ。  ――まだ剣、抜かないのかな?  剣を抜かないと斬ることはできないのだが……と思った次の瞬間。 「あっ……!」  突然カカシの首が刎ね飛ばされた。次いで胴体、両脚、と綺麗に三つに切断される。太刀筋にブレがなく、木材で出来たカカシの切り口がどれもスッパリ整っていた。 「あああ……すごい、かっこいい……!」 「東の国で流行ってる『太刀』という武器だよ。緩いカーブを描いていて、片方の刃だけで敵を斬るんだ。両刃の剣じゃないから扱いは難しいけど、丈夫だし切れ味は抜群。そこが気に入ってるかな」 「はあぁ……」  目にも止まらない抜刀術に、アクセルはただ感動するしかなかった。  ――兄上、すごい……ホントにすごい……!  上手い表現が見つからないが、とにかくすごいと思った。  強くてかっこいい兄。美しくて華がある兄。綺麗で優しくておっとりしているのに、戦場では勇敢に戦う――そんな兄に心底憧れた。 「兄上、俺もその武器使いたい! 今日から俺もその武器で訓練する!」 「え? これで?」 「そうだ! 兄上、貸してくれ!」 「えーっと……」  フレインはやや困惑したように苦笑し、太刀を鞘に納めてこちらに差し出してきた。 「じゃあ、ちょっと持ってみる?」 「うん!」  嬉々として武器を受け取ったのだが、兄が手を離した瞬間、両腕にズシリとした重さがのしかかってきた。 「うわ……っ」  思わず落としそうになり、慌てて太刀を抱き締める。  軽々扱っているように見えたのに、兄の愛刀は想像よりずっと重かった。今のアクセルが素振りしても、数回で腕が限界を迎えてしまうだろう。  ――こんなに重かったのか……。  その重さを感じて、最初に思ったのは「やっぱり兄上はすごい」……ではなかった。  自分とはまるで違う次元にいる人。そこに到達できない悔しさや、焦りの方が強かった。  こんな調子じゃ、いつまで経っても兄上に追いつけない……。

ともだちにシェアしよう!