33 / 2017

第33話

「ぬおおぉぉ!」  そのランゴバルトの雄叫びが聞こえた。自分の身体より遥かに大きなイノシシを押し返し、長戟を振り回して胴体を串刺しにしようとする。  回した長戟が獣の腹部を斬り裂いた。だがイノシシはそれでは怯まず、前方に大きく首を振ってランゴバルトを高く打ち上げた。  吹っ飛ばされたランゴバルトは空中で体勢を立て直すと、落ちていく重力を利用して長戟を首に突き立てた。 「ガァァアァァ!」  これで決まったかと思ったが、さすがに大イノシシはしぶとかった。刺さった長戟をものともせず、ランゴバルトを振り落とし、こちらに突進してきた。 「くっ……!」  急いで横に跳んで避けたが、胸部に鈍い痛みが走って、思ったより距離がとれなかった。どうやら大木に叩きつけられた時に肋骨が折れてしまったようだ。  ――まずい……!  誰か援護して欲しかったが、他の戦士はランゴバルトに遠慮してか、手を出そうとしない。安全な場所で静観しているだけだ。  どいつもこいつも……と怒りを覚えたものの、助力を請えないのでは仕方がない。アクセルはヒビの入った小太刀を構えつつ、なるべくイノシシから距離を取ろうとした。  だがその時、イノシシの足元に白くて小さな生き物がいるのが見えた。  ――あの子うさぎ……!  右足に布が巻かれている。先程助けたアイツじゃないか。何故こんなところにいるんだ……!  いや、そんなこと言っている場合じゃない。このままじゃイノシシに踏み潰されてしまう。  アクセルは無我夢中でイノシシの足元にスライディングし、子うさぎを拾って自分の胸元に突っ込んだ。そして股の間をくぐり抜けながら、イノシシの心臓部に小太刀を突き刺した。 「ギャァァァ……!」  首と心臓を刺された大イノシシは、断末魔の雄叫びを上げた後、ゆらりと巨体を揺らめかせ、どっ……と地面に(くずお)れた。  危うく下敷きになるところだったが、すんでのところで抜けられてよかった。 「……ちっ」  ランゴバルトが倒れた大イノシシに近づき、足で踏みつけながら長戟を引き抜く。  だが武器を手にした途端、彼は突然こちらに刃を向けてきた。

ともだちにシェアしよう!