38 / 2017

第38話

「っ……!」  傷口が痺れるように痛む。抉られた脇腹や千切られた左足に水が沁み込み、あまりの激痛に意識が飛びそうになった。 「く……」  溺れかかった者のように、必死に兄にしがみつく。  歯を食いしばって堪えたものの、生理的な脂汗や涙が滲み、しがみついている手に力が入った。兄の背に爪を立ててしまったが、申し訳ないと思う余裕もなかった。 「……アクセル」  こちらを抱き締めながら、フレインが優しく囁いてきた。 「我慢しなくていいよ。痛いなら思いっきり泣きなさい。その方が痛みも薄れる」 「……!?」 「大丈夫、お前の涙には慣れてるからね。ここには私しかいないし、人目を気にする必要もない」 「あ……あに、フレイン様、でも……」 「いいよ、兄上で。『フレイン様』なんて呼びにくいだろう? 少なくとも、お前にとっては」 「……っ……」 「お前が頑張っていたこと、お兄ちゃんはちゃんと知ってるよ。たった四ヶ月でよく五〇位以内に入ったものだ。本当に頑張ったね。偉い偉い」  ぽんぽんと頭を撫でてくれる。 「……兄、上……」  もうたまらなかった。いろんな感情が堰を切ったように溢れ出し、涙となってボロボロこぼれてきた。決して泣くまいと思っていたのに、どうしても嗚咽が止められなかった。 「兄上……兄上ぇ……」 「よしよし、大丈夫。お兄ちゃんはここにいるよ」 「と、いうか兄上……俺が誰か、わかってるのか……?」 「もちろんだよ。お前は私の可愛い弟、アクセルだ。なんでそんなこと聞くの?」 「だ、って……兄上、最初会った時、『誰だっけ?』って……」 「ああ、そっか……。そんなこともあったね」  ふふ、と兄が笑みをこぼす。 「もちろん、あれは嘘だよ。一目見てすぐアクセルだってわかったさ。ああ、やっと来てくれたんだなって、すごく嬉しかったんだから」 「そ……れなら、何故嘘なんか……。兄上があんなこと言うから、俺……ショックで、思わず……」 「ああ、いきなり抜刀してきたね。あれは痛快だった」 「ごまかさないでくれ……。あれのせいで俺は、初日からいきなり腕一本持って行かれたんだぞ……。本当にショックで、しばらく立ち直れなかったんだからな……」

ともだちにシェアしよう!