15 / 15

おまけのおまけ…終

「愛してるのはお前だけだよ…百代」 耳元で囁くと火が出そうなほど真っ赤になり体を震わせる 「エッチだね…百代…また声だけでいっちゃったの?」 「…だって…」 「それ脱いどいで。気持ち悪いでしょ?」 「着替え持ってきてないもん…」 「あぁ。俺持ってるよ。ほら着替えておいで」 「ありがとう」 ……… 「一!!」 「おかえりどしたの?」 「これぇ…ダメだよ…」 「どうして?」 「だってぇ!スケスケじゃん!うしろ布ないじゃん!!」 「…嫌なら着なくていいよ?その代わりもうこれ以外はないから素肌に直接それ履くことになるけどそれが大丈夫なら」 「うう…」 「もらしちゃった百が悪いでしょ?」 「あう…」 百にあげたのはプレイ用の奴。ピンクのレースが似合いそうだったから前から準備しておいたもの 「さて…どうする?」 どっちにしても俺には美味しいけどね… 「履いてはきたよ…」 「見せてごらん?」 「誰が来るかわかんないじゃん…」 「見せちゃえばいいよ」 「やだ…お前以外に見せたくないもん」 「ならついておいで」 そのあと空き教室に連れ込み百を味わったのは言うまでもない… 「もう!一のばぁかぁ!!着替えた意味なかったじゃん…」 「ん?あるよ?着替え」 「おまっ…はじめからそのつもりで」 「いやぁ。予想外に早かったけどね。本当にエッチな体だねぇ」 「一がそうしたんでしょ?」 「うん。他に股開いちゃダメだよ!そしたら…ね?わかってるよね」 閉じ込めて縛り付けてどこにも出さないから…殺しちゃって俺も死んじゃうかも…覚悟してね プリプリしながらも幸せそうに笑う百を見詰めてキスをする 「百。愛してる」 終

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

オヤジとアイドルの運命の恋
22リアクション
12話 / 7,644文字 / 46
1/5 更新
犬神憑きの彼に愛されすぎている拝み屋の、操を巡る攻防
347リアクション
19話 / 10,000文字 / 231
2018/12/7 更新
片想いだった芹沢陽希とつき合い始めた瀬戸朱鳥は………
10リアクション
4話 / 10,000文字
1/6 更新
派手なオッサンに拾われたヤンキー、柏の恋の行方は?
43リアクション
1話 / 9,999文字 / 223
1/6 更新
王子が宦官に求婚!? ノンケ受け、中華いちゃらぶストーリーです♪(ハッピーエンド)
53リアクション
4話 / 8,596文字 / 69
1/6 更新
……ねえ、パパって言ってみて。
19リアクション
1話 / 9,973文字 / 50
1/6 更新