18 / 111

高柳ー4

「……たかやな……」 「もうトロトロだな。可愛いよ、ユキ」  服の上から胸の突起をゆっくりとさすられる。もどかしい感覚に腰がうねる。そんな刺激じゃ足りないのに……。くすっと、耳の上で笑う声がする。高柳の筋張った手がTシャツの中に入ってきて、脇腹を下から上へと撫で上げる。 「んんっ…、たか……やめ……」  ガクガクと膝から力が抜けていくのを感じた。  ダメだ。正気に戻れ。高柳が何を考えてるのか分からないのに……!  高柳が笑いながら山中の体をソファに横たえる。首筋をねっとりと舐められると、泣きそうになった。 「やめて良いのか?」  たったこれだけのことで高柳の思うようになる体が恨めしかった。人世の半分近くを高柳と抱き合っているのだ。お互いに、お互いの体のことは知り尽くしていた。  くそっ、始めたのは、俺だったのに……。 「だから俺は、やめ……ろって……」  弱々しく高柳の胸元のシャツを握ると、その手の甲にもキスをされる。  擦りつけられた下半身は、もう互いにギチギチになっていた。  脇腹を、触れるか触れないかの柔らかさで、何度も手が上下する。 「あぁ…」  山中の口からとうとう堪えきれずに甘い嬌声がこぼれた。  ……触れて欲しい……。  こんな中途半端にではなく、もっと……  その時。  ────ピンポーン────  最初、その音が何なのか、山中には分からなかった。  ────ピンポーン────  もう一度玄関のチャイムが鳴り、高柳が小さく溜息をついた。 「タイムアップだ、ユキ。設楽に飯来たから早く出ろって言ってきて」  立ち上がってソファを離れる高柳がの背中を見て、山中は一瞬自分の置かれた状況が分からなくなった。  え?飯?……設楽?あ、そうだ……今設楽が風呂に入って……。  のろのろと立ち上がろうとしたが、足にうまく力が入らなかった。頭がまだボーッとしているが、それでも自分の生徒がすぐそばにいるということだけは分かった。ジーパンの前立てに触ってみる。触らなくても、鎮まりきらないそこが自己主張しているのは分かっていたが、やりきれない思いで山中は溜息を吐き出した。  ……こんな姿を設楽に見せられる筈もない……。  どうしようかと悩んで、結局山中は何もしないでソファに突っ伏した。 「ユキ、ラーメン伸びるから、早く設楽呼んでこいって。おい、むくれんなよっ」  出前を受け取った高柳が、リビングと玄関を何往復かしながら声をかけてくる。なんでそんな普通の声なんだ……。 「……お前が行ってこい……」   「何?立てない?」  全てのメニューをテーブルの上に並べると、高柳がからかうように笑った。嬉しそうな声に腹が立つ。 「……お前、どうやってソレ収めたんだよ……」  悔しくて、ソファに押しつけた顔を上げることができなかった。なんだかこれでは、自分ばかり感じているみたいだ。  ……いや、実際自分ばっかりいじられて、自分ばっかり感じてる訳なんだけど……。  チクショウ、高柳の奴……! 「いや、まだ収まってない」  ほら、と、腰を押し出すようにして山中に見せてくる。……なんだそれ。間抜けもいいとこだろ……。 「……そんなんでラーメン屋の兄ちゃん、驚かなかったのか……」 「出前先の股間なんか、兄ちゃんもいちいち見やしないだろ」  しょうがないな、と、高柳の気配がリビングから消えていった。設楽を呼びにいったのだろう。2人が戻ってくる前に、のっそりと山中は体を起こし、テーブルに移動した。机の上に自分の好物のかに玉丼と野菜たっぷり味噌ラーメンが乗っていて、いつもなら嬉しいはずなのに、今日は全く食べる気がしない。 「……高柳……」  これから先の展開を想像しても、悪い状況しか想像できない。山中は大きく溜息を吐き出し、それから机に額を付け、じっと目を閉じた。 「高柳!ズボンとかねぇの!?Tシャツにパンイチってどんだけマニアックだよ!」 「本当のマニアックなら、Tシャツの下は素っ裸だろ。ズボンは体乾いてから制服のズボン履け。とりあえずそれで飯喰えよ」   高柳と設楽がぎゃーぎゃー言い合いながらリビングに入ると、既に山中はテーブルに座っていた。机に額を付け、じっと動かない。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!