19 / 54

高柳ー5

「先生、大丈夫?」 「……大丈夫だと思うか……?」  心配そうに覗き込むと、山中が目を上げた。よほど設楽が不安そうな顔をしていたのだろうか、目が合うなり山中は少しだけ眼を細めて「ごめんな」と小さく言った。 「麺が伸びる前に食べちゃえよ」  高柳が自分のチャーハンにレンゲを突き立てながら、左手で酢豚と餃子をテーブルの真ん中に押し出す。 「こっちも食べて良いぞ、ユキ」 「……いや、今日は良い……」 「お前の好きな黒酢の酢豚だぞ?」  心底意外そうに言う高柳に、山中は舌打ちをした。 「食べれる気分じゃないんだ。分かるだろ?」 「珍しいな。でもラーメンだけは先に食え。他のモンは残しても後で喰えるから。ほら、設楽も」  促されて、設楽は気まずげに箸を取った。もう8時を過ぎていて、確かに腹も減っている。先の見えない状況に食欲のわかない山中の気持ちも分かるが、もうここまで来たら考え込んだってしょうがないのだ。 「ユキ食べないなら、設楽が酢豚喰う?」 「……喰う」  夕食はまるで通夜のように静まりかえっていた。  先ほどまで、高柳はばかばかしいほど笑顔を振りまいていたのに……。  気まずい沈黙の中で、まず高柳が、次に設楽が食事を終え、最後に山中がなんとか味噌ラーメンだけ食べ終えた。全ての食器を集めて、高柳がキッチンに消えていく。  緊張で皮膚が、ヒリヒリするようだった。  しばらくして戻ってきた高柳は、手にビールの缶を持っていた。  「飲むだろう?」  すでにプルトップが引かれているビールを、山中に渡す。すぐに飲めと言うことか。飲まなければやってられるかと、山中は渡されたビールを一気に煽った。  ごくごくと喉仏が上下する。  半分ほども飲んでからだろうか。 「ごほっ!げほげほっ……!なんっ!?」  激しくむせた山中に、慌てて設楽はそばにあったタオルを手渡した。山中はしばらくタオルに口を付けて咳き込んで、それから手に持った缶を確認した。何の変哲もないドラフトビールの缶なのに……。 「先生大丈夫!?ど、どうしたの……?」  山中が涙を滲ませて高柳を睨むと、高柳は肩をすくめた。 「ドッグズ・ノーズだよ」 「ドッグズ・ノーズ?」 「知らない?ビールベースのカクテル。配合は変えてあるけど」 「……ビールと、残りは?」  眉間を押さえて、山中が俯く。その手の甲まで、段々と赤味が増してきた。 「本当はビール2対ジン1だけど、そいつはビール半分コップに出して、半分ジン突っ込んだ」  缶に入っているから、口を付けないと匂いも分からなかったろうと、高柳が笑う。 「お前……」  眉間を押さえいていた手が、うなじに移動した。じんわりと下唇を噛みしめ、もう一度大きく溜息をつく。その溜息がゾクゾクするほど艶を含んでいて、設楽は背中に何かが這い上がってくるのを感じた。 「設楽」  高柳がもう一度立ち上がり、ビールの入ったグラスを持って戻ってくる。  ……いや、残りのドッグズ・ノーズか……。 「な、なんだよっ!高柳、先生にひどいこと……」 「飲め」  設楽の前に、グラスが置かれる。何を言われたのか分からなくて、設楽はまだ泡の立っているグラスを見下ろした。それから、高柳の顔を……。 「……20才未満の飲酒は法律で禁止されている。我が校の校則でも」  言いかけた山中を遮って、高柳がグラスを設楽に押しつける。 「飲め。お前達には、大義名分が必要だ」 「なに……?」 「大義名分」  ゆっくりとビールの缶に残った液体を自分の口に含み、山中に口づける。びくりと肩が強張ったが、しばらくの抵抗の後、山中の喉がごくりと上下した。口元から飲みきれなかったアルコールが、雫になってこぼれていく。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!