20 / 54

高柳ー6

「“酒に酔って前後不覚でした”って、大義名分だよ。ユキ、全部飲め。設楽もだ」 「お前の思い通りにはならない……!」 「飲め」 「いやだ!」  身を捩る山中に、何か言い切れない物を感じて、思わず設楽は立ち上がった。 「じゃあ俺が飲むよ!」  グラスのアルコールを一気に煽ると、すぐに山中の缶も掴む。 「設楽…!」  ぐっと一気に飲み干すと、すぐに胃が焼けたように熱くなった。  ジン……。水割りのバーボンなら父さんと一緒に飲むけど、ジンってどのくらい強いんだっけ……。 「バカ、ジンはアルコール40パー超えてるぞ!」  咄嗟に立ち上がった山中は、しかしアルコールが回ったのか思わず隣りに座っている高柳の肩に手をかけた。だが高柳はその手を見つめながら、平然と「それはビーフィーターだから、46パーだ」と呟く。 「設楽が急性アルコール中毒にでもなったらどうするんだ!それでなくても未成年の体にアルコールは」 「飲めると思ったから飲んだんだろう?初めての飲酒って訳でもなさそうだ」 「高柳…!」 「来い」  肩に掛かった山中の手を掴んで、高柳が立ち上がる。 「イヤだ、高柳……!」 「やめろよ!先生嫌がってるだろ!」 「お前も来るんだよ、設楽」  自分を見る高柳の目が、(くら)く笑っている。 「設楽、逃げろ…っ」  山中が切羽詰まったように自分を見ている。  心臓が、ドクリと鳴る。  逃げる……?先生を置いて……?  俺が先生を置いていったら、高柳は先生にひどいことをしないだろうか……。  ひどいこと……?  耳朶(みみたぶ)を唇に挟んだり  首筋を撫で下ろしたり  キスを奪ったり……?  高柳がフッと鼻先で嗤って、そのまま寝室の扉を開けた。  1人暮らしの男の部屋にあるにしては大きなベッドを見て、設楽の頭に血が上る。  ここで、何度も先生は……。  山中の体がベッドに沈む。だが高柳の視線は、挑むように設楽を捉えている。  帰らなきゃ。  帰らなきゃ。  だって、先生嫌がってる。  高柳はきっと、先生にひどいことをする。  でも……。  設楽の足は動かなかった。  心臓がやかましいのは、きっとさっき飲んだ酒のせいだ。  頭がボーッとするのも酒のせいだ。  さっきの大義名分という言葉が頭を掠めた。  そうだ。  これはみんな、酒のせいだ……。  設楽はフラフラと、まるで何かに引き込まれるように、寝室に足を踏み入れた────。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!