22 / 111

痛みと歓びとー2(R)

  「まぁ、お前が抱きたいって言ってもそれは許さないんだけど」  高柳のからかうような声に意識を引き戻され、思わずカッと頬に血が上った。  そうだ。先生を快楽に染めているのはこの男だ。こいつが何を考えてるか分からないけど、俺の先生への気持ちが許せなくて、俺に見せつけようとしてるのだけは分かる。悔しくて、設楽は高柳を睨みつけた。 「じゃあ抱かれたいって言ったら先生が俺を抱いてくれるのかよ!言っとくけど、俺はずっと先生は上だと思ってたし、今だって先生が攻めてきたら、そりゃすげぇ格好いいんだろうなって思ってるよ!」  その返事に、高柳は満足そうに笑った。設楽を見ながら、山中の頬に音を立ててキスをする。 「じゃあ、こいつの可愛いとこ見てやってくれる?俺に攻められて尻から涎垂らすこいつ見て、それでもまだこいつに抱かれたいって思うんなら、お前のバージン、ここでこいつに掻き切ってもらえ」  バ……?  え……?  今こいつなんて言った……!?  聞き返そうと思ったが、その時にはもう高柳はのめり込むように山中の体に沈んでいった。 「ユキ、ユキ可愛いよ。さっきは途中でごめんな。まだ体疼いてるだろう?ほら、もう胸も尖ってる……」 「っは、高柳……ん、よせって……」  高柳の舌が鎖骨の窪みを辿り、唇で胸の突起を軽く挟む。  まるで、そうされているのが自分のように、設楽の胸がずきずきと疼いた。  先生の声……。  先生の……。  足下がふらふらして、自分の体が自分の物ではないように感じる。ダメだと思っても、体が言うことを聞かない。  酒のせいだ。  酒のせいで……。  高柳に組み敷かれた山中の胸を見て、ごくりと喉が鳴った。  ダメだ。こんな事ダメだ……。そう思いながら、そっと、自分の胸を抓んでみる。山中がそこで感じているのかと思うと、自分のそこもきついくらいに感じた。  高柳の腕が山中の体の中心を、胸から下腹に向かって降りていく。設楽も、自分の胸から下腹に手を伸ばし、下着の中にそっと入れる。そこはもうトロトロに蕩けていた。  俺、何でこんな所で、こんな事……。  必死に止めようと思っても、設楽は熱に浮かれたように、自分の昂ぶりに手を這わせた。 「ユキ、ユキ」  何度も名前を繰り返し、高柳が山中の中心に顔を埋める。愛おしそうに頬ずりをし、ねっとりと舌を這わせ、そのまま口をすぼめて先端をキュッと吸うと、山中が「んんっ!」と小さく叫んだ。 「たか…」  潤んだ目には、もう理性が残っているようには見えなかった。左手の甲を自分の口に押し当てて、右手を高柳の髪にさしいれ、山中は高柳の頭がスライドするのに合わせて小さく喘いでいる。  設楽も、気づくと自分自身を上下に扱いていた。  高柳がゆっくりとスライドしているときはゆっくりと、ジュブジュブと音を立てて激しく律動するときは激しく。そうしていると、喘ぎ声まで山中のものに重なっていった。 「うっ…ん、あっあっ……!」 「ふぅっ……んんっ!」  山中の声が張りつめて、設楽もきつく目を閉じて、2人は同時に達った────。  一度射精して、目が醒めたように正気に返ると、自分の行為に愕然とした。一気に酔いが醒めていく。  俺、なんて事を……。  荒い息を繰り返しながら、呆然と自分の右手についた白濁を、初めて見る物でも見るように見つめていると、高柳が設楽を振り返った。まだネクタイを外し、Yシャツのボタンも二つ目まで外しただけで、残りはしかっり留めている。そんな姿で唇の端から滴り落ちる白濁を指先で拭い、その指先を旨そうに舐めている様が、悔しいけどやっぱり雄の色気を漂わせ、嫌味なほど格好良かった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

訳ありミルクプリンのせいで男は胸からミルクが…。
3
5
7
7
6
1話 / 8,847文字 / 352
2017/12/10 更新
富裕層のご主人様と貧困層の使用人のお話。
135
2
33
63
9
43
35話 / 35,560文字
2018/6/17 更新
連載中
恋と惑星
ご飯を食べて、お風呂に入って眠る。そんな当たり前の恋だった。
1話 / 963文字 / 0
6/6 更新
親衛隊に制裁されたのに、女王様気質な親衛隊長に一目ぼれ。
17
1
2
10
104話 / 104,874文字 / 68
9時間前 更新
R18。勘違いで身体の関係を結んだ受けと受けを手放せないゲス攻めと独占欲強い優男攻め。
39
3
2
1
12話 / 36,497文字 / 60
20時間前 更新