24 / 111

痛みと歓びとー4(R)

「見てみろよ、ユキのここ、綺麗だろ?」    高柳のジェルをたっぷり塗った指が、後孔にゆっくりとあてがわれた。人差し指と中指で円を描くように優しくタッチし、そっと指で入り口を拓くように揉みほぐす。それは意外なほど、優しく丁寧な動きだった。  思わず唾を飲み込んで、解されていく山中を見守った。本当だ。朱鷺色の窄まりがジェルでプルプル光って、なんだかすごく卑猥で、すごく綺麗だ……。 「や、やめ……っ!ん、高柳っ!そんな所見せるな……っ!」  後ろへの刺激だけでなく、設楽の視線まで受けて、さすがに山中が嫌がって体を揺する。そんな反撃は想定内なのだろう。高柳は器用に抵抗を封じて、ジェルを内部にまで塗り込めていった。 「ひっ、ひぅ……っ」  高柳がそこで指を蠢かすたび、山中が小刻みに吐息を漏らす。シーツに顔を押しつけて、いやいやをするように首を振る山中に、設楽は生唾を飲み込んでしまい、そんな自分に自己嫌悪する。  「恥ずかしがるなよ。綺麗なモンは綺麗なんだから。お前が浮気すんのは許せないけど、一度他の奴に見せびらかしたかったんだよな」 「最低だなっ、お前…」 「突っ込みたくて浮気する奴に言われたくねぇよ」 「うるせぇバカ!だったらお前がネコになれ!」  山中の威勢が良いのはそこまでだった。  2本目の指がグニグニと曲がりながら入っていくと、山中は急に切羽詰まった声を上げ始めた。 「あぁ……っ!!や、んんっ、よせ!ちょ……そこばっかり……!」 「ど、どこ?」  いきなり様子の変わった山中に、設楽は思わず高柳のシャツの肩を掴んで、詰め寄ってしまった。 「前立腺だよ。ネットにも書いてあったろ?」  うわ、それが噂の……! 「ユキ、もう1本挿れるぞ」  山中はシーツを掴みながら、それでも小さく頷いた。 「はぁっ…ふ……」  胸を小刻みに上下させて、シーツを引き寄せて口元に引き寄せる。顔が半分隠れて、なんだかよけい官能的な眺めになった。  指が3本中に入ると、シーツに隠れた山中が、堪えきれずに喘ぎ声を上げ始めた。低い、押し殺したような、だがひどく甘い声。  山中に差し込まれた3本の指がバラバラに動いているのか、綺麗な蕾が奇妙な形にうねっている。痛そうな気がするのに、山中の口からはやはり小刻みな喘ぎ声が出てくるばかりだった。 「それ、そんなにして大丈夫なの?」 「こんなにしないと拡がらないだろ?じっくり時間かけて拡げてやんなきゃ。俺、ユキが痛い思いするのやだもん」 「……そんなに先生のこと想ってんなら、なんで俺連れて来たんだよ。先生嫌がってんの、分かってんだろ?」  高柳は一瞬まじめな顔で何か言いかけ、すぐに思い直したように首を振ると、誤魔化すようにニヤリと笑った。 「こういうのは、丁寧に、カツじっくり時間かけて焦らしてやるのがおいしいんだろ。ユキ、そろそろ良いか?」 「ん、高柳、も……」 「うん、顔、見せて」  シーツをそっと外して、優しく口づける。山中は一瞬設楽を見たが、すぐに苦しそうに眉を寄せ、高柳の首に腕を回してね口づけを深くした。  ちゅくっと音を立てて、合わさった唇から赤い舌が覗く。山中は自分の腰を、高柳の腰に押しつけようとした。  だが。 「ユキ、せっかくだから、設楽によく見えるようにしてやろう?」 「え?」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!