31 / 111

祭りの後ー1

 山中はぴくりともせずに眠っていた。  あの後山中は設楽の中で達かされ、その後設楽から引き離されると何度も高柳に挑まれた。声が枯れるほど啼かされて、最後には細く長く叫ぶように喘ぐと、ぐったりと動かなくなった。  その様子を、設楽はずっと見つめていた。  ……すぐ、隣で。  山中が高柳に抱かれ、涎を垂らしてよがる姿を見るのは、目を覆い、耳を塞ぎたくなる程の拷問のようで、それでいて設楽は瞬きもせずに山中の姿を目に焼き付けていた。  高柳に犯される山中に、堪らない興奮を覚える。  俺の先生に触らないでくれと思う心で、もっといやらしい先生を見せてくれと切望する。  心が、バラバラになりそうだった。  多分山中は隣りに設楽がいたことさえ頭になかっただろう。それだけ高柳の攻めは激しく、山中が正気を保てているようには見えなかった。  いつも椅子に腰掛け、窓から差し込む光にきらきら光るガラスを透かしながら、作品を作っている真剣な山中からは、想像もつかないような姿。  学校の誰も、あの先生を知らない。  俺の他には、クラスの友達も、美術部の部員達も、他の先生達も、快楽に身を染めて体を震わせる先生を知らないのだ。  ────ただ1人、高柳を除いて────  山中の穏やかな寝息を聞いていると、涙が出てきた。  幸せで悔しくて嬉しくて悲しくて、どうして良いのか分からなかった。  それからどれだけそうしていただろうか。  ベッドの上でぐいっと涙を拭うと、眠っているのかと思った高柳が声をかけてきた。 「目、醒めたか?」 「……俺、寝てた……?」 「まぁ、疲れてるだろうし。もう11時だ。送ってくけど体は大丈夫か?」 「……多分……」  高柳は上半身だけ起こして、山中を見下ろしていた。  愛おしむ目をして。  その目を見たら、設楽の胸がギリギリと痛んだ。 「まぁユキのことだから心配ないとは思うけど、ちょっと後ろ見せてみろ」 「え?」  一瞬何を言われたか分からなかったが、高柳は遠慮のない動作で設楽を俯せにし、尻に手をかけてきた。 「なっ!何してんだよ高柳!」 「じっとしてろ……あぁ、ちょっと腫れてるな……。怪我はしてないみたいだけど……ちょっと待て。今薬塗ってやるから」 「い、良いよ……!」 「明日体動かなくなるぞ。じっとしてろ」  山中の指よりももっと無骨な指が、ヌルヌルとした軟膏を纏って蕾に触れてくる。しかも、入り口だけではなく、内側にまで……。 「うぁっ!」 「ごめん、痛いか?」 「い、痛いに決まってんだろ!?」 「だよな。俺も昔ネコやってたけど、どうにも苦手でさ。あんまりきつくて死ぬかと思った」  手際よく処置をすると、「風呂は家で入った方が良いだろう?」と蒸しタオルを作ってくれて、一緒に新しい下着をまた一袋渡してくれた。意外とマメな高柳に、少しだけ意外な気がした。 「まだ電車あるから、1人で帰れる。高柳は先生についててやれよ」 「階段の登り降りきついぞ」 「でも先生まだ寝てるし」 「こいつは朝まで起きねぇよ」  さっさと身支度を済ませた高柳が、甲斐甲斐しく支度を手伝ってくれる。  正直、今あまり高柳の顔を見たくない。だが高柳が体を拭いてくれたり、服を取りに行ってくれたりするのがありがたいのもまた事実だ。なんとか帰り支度を済ませると、寝ている山中の頬にキスを落としてから「先生、帰るね。よく寝てね」と挨拶をして、高柳の家を後にした。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
Ash.
彼女を泣かせたとき、数ヶ月ぶりに宇宙から灰が降った。
2
6話 / 4,864文字 / 12
2017/6/4 更新
バカな俺を最後まで見捨てなかったのはアンタだけだった。
1
4
5
8話 / 9,260文字 / 13
2018/1/10 更新
主人公の腐男子、大翔(ひろと)&何故か大翔の周りに集まるイケメン物語
2話 / 1,080文字 / 0
2018/2/19 更新
大学生(理系・体育会系)×大学生(文系)
33
2
15
5
6
11
6話 / 14,634文字 / 80
2018/6/9 更新
βからΩになってしまったエルの運命
2
1
4話 / 4,079文字 / 20
2018/8/17 更新
藤氏の長兄と有能官人の、最後の夜。
3話 / 3,541文字 / 0
4/5 更新