39 / 111

小瓶の中の世界ー2

 先生。  先生、先生、先生……。  ────手で触ると、溶けて崩れる────   それでも。 「先生、俺は先生が好きだ」  ────この小瓶は外から眺めるだけ。その中にある物に、触れてはならない────  それでも。 「俺は2人の玩具(おもちゃ)でも構わない。先生に触れるなら、先生に抱いてもらえるなら、何だって構わないんだ」  ────その切なさが、良いってさ────  それでも。 「だから先生、もしも悪いと思っているなら、こないだみたいに俺を抱いてよ」 「設楽……」  固く上擦った山中の声に、設楽は小瓶の中の結晶が粉々に壊れる音を聞いたような気がした。  それでも。  それでも、俺はその切なさを大切にしたいとは思えない。  直接触れたい。  直接感じたい。  先生と一緒に、粉々に壊れたい。  だって俺は、先生が好きだから……。 「ひどい事言ってるの分かってる。でも俺、先生が好きなんだ」  抱きしめる手に力を込める。うなじに唇を当てると、先生の匂いがした。 「……お前、バカだ。俺はお前が思ってるような奴じゃない。高柳が何であんな事したのか考えてみろよ。俺が……俺が」  言いかけた山中の台詞をかき消すように、抱きしめる手に力を込める。  山中を辱めたいわけでも、責めたいわけでもない。ただ、ほんの少しでも良いから、山中の中に自分という存在が入り込めたなら……。 「良いよ。先生がどんな先生でも、俺は先生が好きだよ!」 「……設楽……」  山中の手が怯えるように上がってきて、設楽の腕に触れた。びくりと、緊張で設楽の肩が震えてしまう。  設楽の腕をぎゅっと握りしめ、山中はしばらく動かずにいたが、ひとつ大きく息を吐くと、目を閉じて頭を設楽の胸に預けた。 「良いよ、設楽。本当は、俺もお前のこと、格好良いなって思ってたし……」 「え?」  山中の台詞が巧く頭に入ってこない。  今なんて言った?  俺のこと……?  頬がかぁっと熱くなって、胸がバクバクうるさかった。  今、先生なんて言った?  本当に?  本当に!?  頭がふわふわして涙目になっている設楽に、山中は眉を顰めた。 「……設楽、分かってる?俺は高柳とは違って元々ゲイで、10個も年下の自分の生徒を格好良いとか好みだとか、そういう目で見るような変態なんだよ?」  自嘲気味に吐き捨てる山中に、設楽は思わずきょとんと首をかしげた。  何と言ったら良いのか困っているうち、自然と頬が弛んでしまう。もちろんそんな顔を山中が見逃すわけもなく、イラっとした顔で前髪をうるさそうに払った。綺麗な眉間に皺が寄っている。 「何でお前そこで笑うんだ?」 「だって、俺が先生のこと好きなんだよ?男で10個以上年上の自分の学校の先生に発情してるんだから、それなら俺だって変態じゃん?っていうか、むしろ先生が変態じゃないと、俺だけ変態じゃ報われないし。だから、お互い変態なら良かったなぁと思って」  嬉しそうに笑うと、山中は奇妙な物でも見るような目をしてから、ぷっと吹き出した。 「設楽、お前ポジティブシンキング過ぎだろっ」  しばらく山中はそうして笑っていたが、笑いを納めると少しだけまじめな顔をして設楽に向き合った。 「本当に分かってるのか?俺、高柳とは別れられないんだよ?」 「どうして?先生、まさか高柳に何か脅かされてるとか?」  不安になって聞き返すと、山中は少しだけ驚いたように目を見開いて、それから小さく首を振った。困ったように、そして申し訳なさそうに目を閉じて、もう1度ゆっくりと目を開け、設楽を見つめる。 「俺が、高柳を好きだからだよ」  今度目を見開くのは設楽の番だった。  なんて端的な言葉だろう。  言い訳も躊躇いもないその言葉は、逆に清々しいほど山中らしかった。  そんなことは最初からちゃんと分かってる。  ────それでも。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

平安時代の後宮をアレンジします。
5
6話 / 2,135文字 / 0
2017/7/7 更新
20年以上一緒に暮らしてるふたりにおとずれた、転勤の話に
1
12
22
9
31
8話 / 7,245文字 / 331
2017/10/8 更新
けだるげ男子、王子様に好かれました。平凡な日常を返してくれ
2話 / 1,885文字 / 20
4/6 更新
金髪碧眼医師×拾われた子供。
35
1
1
9
2
49話 / 96,398文字 / 56
9/10 更新
人外とそれに魅入られたモノの交わりは、終わりを知らず
1
1
1話 / 9,862文字 / 0
5/22 更新
女体化BLポルノ。BLTLが両方OKな方、ちょっとした刺激を求める方に……おすすめです。
18
15
11
13
5話 / 16,218文字 / 92
6/25 更新