42 / 111

小瓶の中の世界ー5(R)

「ひっ」  脚の付け根の窪みがこんなに感じることを、初めて知った。すぐ隣で息づく設楽自身には触れずに、山中は会陰部に舌を這わせ、膝の裏を指先でくすぐった。 「先生、さ……触って……!」 「だーめ」  一瞬だけ先端をぺろりと舐められ、さっき達ったばかりだというのに、そこはすぐにトロトロになる。  だがそこに触れたのは一瞬で、すぐに山中の舌は焦らすようにそこから離れた。再び反対側の付け根の窪みを執拗に舐められ、設楽は堪らなくなって嬌声を上げた。 「やぁあぁっ、先せ…、も、そこばっかりやめ……っ!」 「可愛いな、設楽」  指が、山中を求める。長めの髪の中に指を差し込んで、ぐしゃぐしゃに掻き回す。何かに掴まっていなければ、自分を保てそうになかった。 「先生、先生早く……っ!」 「もう少し我慢して」  ふくらはぎを舌が辿り、踵をしゃぶられ、足の指を舐められる。指の付け根をきつく吸い上げられると、下半身が疼いて、それだけで達ってしまいそうだ。  足で達くとか……!  あり得ないし……!! 「先生!お願いだからっ!!」  焦って叫ぶと、やっと山中は顔を上げた。 「設楽、どこで達きたい?」  そっと、山中の指が設楽の形を辿る。 「ここ?」  それから、指が下に向かって滑るように移動する。そうしてすぐに、先日覚えたばかりの蕾に、ヒタリと指が辿り着いた。 「それとも、こっち?」 「せんせ…」  涙を浮かべ、哀願するように山中の顔を見ると、山中はにやりと笑って躊躇うことなく後ろに舌を這わせた。 「うわっ!先生だめだよそんなとこ!」 「何が?」  笑いを含んだ声。自分でも滅多に触らないような場所にヌメヌメと舌が這い、体中に鳥肌が立つ。 「やだ!先生、やだぁ!」 「やだって泣かれると、よけい泣かせたくなるね」  内股が引きつる。  山中の手が腰骨を引っ掻くと、「うぁっ!」と声が漏れた。 「先生!先生、舐めるの禁止!」 「冗談でしょ?」  そう言うなり、人差し指と中指の腹で窄まりを押し広げられ、中に舌が挿し込まれた。 「!!」  意外なほど堅く弾力のある感触。だがねろねろとそこに出し入れされると、その舌が堅いのか柔らかいのかすら分からなくなってきて、気が変になりそうだった。 「先生、やめ……!!」  痛いほど反り返った設楽自身が、中途半端な刺激にびくびくと震えている。  違う。  そんなんじゃない。  そんな風にされたいんじゃない……!  もっと、奥まで……もっとこないだみたいに、先生自身で……!! 「先生、達かせて……!」  くすりと笑い声がする。 「設楽は、おねだりが上手だな」  山中が手だけで作業台の抽斗(ひきだし)を開け、中から何かを取り出す。不安になって、設楽は小さく「先生…?」と情けない声を出した。 「ハンドクリームだよ。まさか学校にジェルとか用意してないから、これで良い?」  もう、何を訊かれているのか理解できるだけの理性は手放していた。それでも条件反射のように、ガクガクと頷くと、山中が指にたっぷりとクリームを塗って、設楽の目の前に見せつける。 「ハンドクリームって、こうやって指に塗るとおいしそうに見えない?」  その指を頬に擦りつけられたが、それに反応する余裕も無く、ただ涙を浮かべて「早く」「早く」と喘ぐばかりだった。  山中の吐息が、微かに笑いを含んでいる。 「ごめん、そんなに限界だと思わなかった」  小さく「若いな」と呟きながら、山中の唇が設楽の唇に重なる。無意識に設楽も舌を絡めると、後ろにつぷりと指が入ってきた。 「んんっ!」 「まだ達くなよ。俺が良いって言うまで、お預けだ」  そう言いながら前立腺をぐりっと押し込まれると、「やあぁ!」と(こら)えきれない叫び声が上がる。口の端が涎でベトベトしてるのに、咥内はひどく乾いている気がした。  山中の指が1本2本と、時間をかけて入ってくる。中を擦られ、開かれて、それが痛みなのか快楽なのかも分からなくなる。 「先生、もう、もう早くして!」 「まだもう少し解してからな」 「先生!」 「俺だって早く挿れたいの我慢してるんだから、そんなに煽るよなっ」  掠れた声。  胸元に落ちてくる汗の雫。  もう指が何本入っているのかも分からない。  ただ、先生も興奮してるんだと、それだけは分かった。 「先生、先生…っ!」  ぐっと、体全体が焼き付くような痛みに襲われた。  あぁ、先生が……!!  そう思った途端、設楽は熱い欲望を吐き出した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】叔父×甥|想いを告げた罰なのか。それでも僕はあなたに想われたい。
12話 / 50,467文字 / 63
2018/4/23 更新
憧れ続けていたあの人が、隣にいるなんて。 ◆声優×ゲームクリエイターの執着BL
587
223
475
199
151
118話 / 46,754文字 / 509
2018/11/1 更新
厭世的な吸血鬼が、育てた子供に美味しくいただかれてしまう話/養い子×吸血鬼
32
5
15
24
19
6話 / 8,255文字 / 441
2018/7/6 更新
愛とは何なのだろかーーー?
4
1
3
4話 / 18,112文字 / 52
6/19 更新
課長は、年上なのが嘘みたいに色白で華奢で、俺はいつしか触れたいと思うようになっていた。
4
4
3
1話 / 3,728文字
4/14 更新
学園のヤンキーがあれやこれややられるだけの話
20
4
3
9
4
9話 / 8,463文字 / 80
8/2 更新