43 / 111

茜色ー1

 どれだけ作業台の上にいたのだろうか。  その後のことはよく覚えていない。  何度も達かされたような気はするのに、思い出そうとしても記憶に(もや)がかっているようだった。  終わった後、山中が熱いタオルで体を拭いてくれたのは覚えている。  足に力が入らなくて、立ち上がれなかったことも。  山中の肩を貸りてなんとか学校の外に出たことも、何となく覚えている。  携帯を取り出されて、親に電話をして。今度は化学部の同じ1年生部員の佐藤と名乗って、何か告げて。  その辺りからの記憶が途切れている。  目が醒めたら、見知らぬ部屋だった。 「……先生?」  辺りを見回す。薄暗い、茜色の空。朝焼けなのか夕焼けなのか分からず、腕時計を見ると6時を指していて、ますます今が朝なのか夕方なのか分からなくなった。  辺りを窺うと、自分の背後に山中の寝顔があった。 「先生…?」 「んっ…?」  頬に触れると、山中が小さく身じろぎして、薄く目を開けた。 「……まだもう少し寝てろ……」 「今、朝?」 「あぁ……目覚まし鳴ってないから、もう少し寝てろて。昨日はごめん。少しやりすぎた……」  山中の手が設楽の頭をぽんぽんと叩き、そのまままた眠ってしまったらしい、その手が頭から離れることはなかった。  いつここに来たんだろう。布団から出ようとしたら、体中が痛くて小さく呻いた。  こないだよりも、かなり体を酷使してしまった。腕を上げることすら難しい。それでも悲鳴を上げる体をなんとか引き起こすと、強引に立ち上がってみる。  肌着しか身につけていなかった。ベッドのすぐ下にある座卓に、自分の制服が畳んで置かれている。  ……先生の部屋だろうか……。  ベッドと、座卓と、座布団と、テレビ。家具らしい物はそれしか見当たらなかった。  ギシギシいう体を騙し騙し歩いて、なんとかトイレを見つけて用を足す。もう1部屋、ドアの開いている部屋はアトリエだろうか。  覗いてみて、設楽は息を飲んだ。あまりにも非日常的な物が、その部屋の中を占拠していたのだ。  曲線を描いた大きな鉄製のフレームに、様々な色ガラスが嵌めこまれ、美しい模様を描いている。ステンドグラスだろうか。そのフレームはドーム型をしていて、何かの生き物のようにも見える。色とりどりのガラスが朝日を透かし、床に複雑な模様を落としていた。  なんだろう、これは。  いや、どこだろう、ここは。  自分がどこか別の世界にでも、踏み込んだような気がした。 「ん…何?もう起きる……?体、大丈夫か……?」  後ろから山中の声がした。振り返ると、まだ山中はベッドの上にいた。寝ぼけた顔で目を擦っている様子が、ひどく可愛らしい。 「先生、これ何?」 「ん~?次のグループ展の作品……。何か、作っても作っても追いつかなくてね……」 「虫?」 「ん。若いな、お前……。俺まだ眠くて……。シャワー浴びる?俺、その間もう少し寝てて良い?」 「はい、シャワー借ります」 「うん……」  ぬるいシャワーを体中に浴びて、少しだけ体を動かす。腰から背中にかけてが特に痛むが、こないだと同じように、後孔へのダメージは少ないようだった。  シャワーを終えて外に出ると、山中は宣言通りまたベッドに転がっていた。  くしゃくしゃの髪。  弛んだ目元。  少し開いた唇……。  俺、昨日先生と……。  顔が真っ赤になる。心臓の音が激しくて、周りの音が聞こえなくなる。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!