3 / 95

逃避 2

菅井side ___ 今から1年前のこと。 「ただいまー。」 誰もいない部屋に俺の声は寂しく響く。 時計を見ると午前1時。 病院勤務をして7年、29歳の俺は若いわりに実力があると言われ、その期待を裏切らないためにも人の倍以上、仕事をこなしていた。そのため帰宅時間が遅くなるのはよくあることだった。 「ビール飲んで早く寝よ。」 風呂に入り、ビールを飲んだらアルコールの勢いですぐに寝る。 これが俺の日課だった。 しかしそれでも、寝付けない時がある。 〜〜〜、〜〜 〜っぁ〜〜、 ………… 「ああ!!もう!うせっえ!!またかよ!」 勢いよく枕を壁に投げつける。 その壁の向こう側、つまり隣の部屋からはまだ微かに声が聞こえてくるのだ。 俺の寝付けない原因はこれだ。 「こんな夜中にいっつもうるせえな…。」 さすがにもう半年ほどはこれで悩まされている。 今日こそ文句でも言ってやろうか。 俺は迷わずスウェットのまま外にでた。 隣の扉の前に立ち、しばらく考える。 なんと言おうか考えながら、不意に表札に目をやる。 【佐伯 和】 「さえき か、ず…?」 そういや隣の部屋のやつの名前なんか気にかけてなかったし、会ったこともなかった。 携帯を見ると午前2時になろうとしている。はぁ、と溜息をついて、俺は迷わずインターホンを押した。 ピンポーン…… 静けさの中に音が響き渡る。 だが、しばらく経っても返事はこず、もう1度鳴らそうと思ったその時、 ドンッ! 〜〜っ! バタンッ! ─────っ! 急に騒がしく部屋の中から物音や声が聞こえた。 なんだ?喧嘩か? 今日はもう諦めようか暫く考えていると急にドアが開いた。 「うおっ!?」 勢いよく開いたドアから転げるようにして出て来た40代くらいの男が、驚いた俺に気づき形相をかえて、逃げていく。 「…………なんだ?」 一瞬の出来事に俺は呆然とする。 ゆっくりと振り返ると開いたままの扉。 恐る恐る中を覗くと、 「はっ!?」 1人暮らし用のマンションのため、玄関からそのまま部屋の中が見える。 そこには小柄な少年がぐったりした様子で倒れていた。 思わず俺は駆けよる。 「大丈夫か!?」 ────!? 生臭いにおい 乱れたベッド 半裸の少年 手は縛られ身体には無数の傷がありかなり痩せ細っていた。 急いで俺は羽織っていた上着を少年にかぶせ、自分の部屋に運んだ。 「はぁ…」 家でできる範囲の治療を済ませ、ベッドに寝かせる。少年は意識を失ったままだ。あどけない顔を時折苦しそうに歪める。 中学生?高校生?その辺りだろうか。 身体中にある傷、拘束された後、逃げていった男。 「はぁぁぁぁぁ〜」 今度は頭を抱えてため息をする。 この少年はいったい何を抱えているのだろうか。俺は深くこの少年のことを知りたいと思った。 ── ─── ────
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!