8 / 95

予兆 1 菅井side

菅井side ___ ___ トントントントン 心地よい音が微かに聞こえる。とても懐かしいような…どこか安心するような……。 「ん?」 目が覚めた。さっきまでのは夢だったのか?いや、今も規則正しい音は聞こえてくる。 起き上がると枕元には服が綺麗に畳んで置いてあり、それを着て俺は寝室を出た。 「ぁ、おはようございます。起こしちゃいましたか?」 台所から顔を覗かせた俺の恋人は、和かな顔で俺を迎えてくれて。少し申し訳なさそうに言う姿も愛おしい。 「おはよ、これ、用意してくれたの和だろ?ありがとな。」 自分の服を引っ張りながら言う。 「いえいえ、僕の方こそ服借りちゃってます。」 「ぶかぶかだな、」 「………皮肉ですか?」 「いや、褒めてる。」 和の身長は確か160cmいかないくらいだった。それに比べて俺は180cmだ。この身長差も堪らなく愛おしい。 「それ何作ってんの?」 規則正しい音の正体は和が料理している音だった。 「菅井さんのご飯、できるだけ僕が作ろうと思って。冷蔵庫見た感じ自炊してなさそうだったので…。」 やばい、かわいすぎる。どうしようもなくなり後ろから抱きつく。 驚いたのか和は少し肩を震わした。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!