10 / 100

予兆 3 菅井side

菅井side 「やあ。」 ドアを開くと案の定部屋の外でそいつは座って待っていた。 小さい頃から関わりがあったが、性格はどちらかというと真反対で合わない、というか、まず好きではない。 小中高と同じ学校で、仕事上、今も切っては切れない関係。 つまり腐れ縁だ。 「すまん、今日は無理だ。今度埋め合わせる。」 そう言ってドアを閉めようとするが、足でそれを制止された。 「っと…!」 笑顔を向けてくる。 「別にそれはいつでもいいんだけどさ、あんなもの見せつけられて、興味湧かない人間いると思う?」 「それはお前が勝手に俺ん家あがりこんだだけだろ。」 「まあ、ああいう状況だとは想像もつかないし?それに浩は最初から諦めてるでしょ?」 部屋の中を指差し首を傾げてくる。 面倒くさいが、今ここで帰せばもっと面倒くさくなる。俺は渋々こいつを部屋に入れることにした。 「騒いだらぶっ殺すからな。」 「物騒なもんだね。」 こいつ、俺の腐れ縁、島原陸斗(しまはらりくと)は飄々と笑いながら俺よりも先を歩いて行った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!