15 / 95

開始 2

「ど、う…?」 朝、浩の診察を受ける。 「ん、調子悪いとこないか?」 聴診器をあてながらそう聞かれ、 「平気!」 そんな僕をみて、ひと息おいて、浩が言った。 「まぁ、大丈夫だろ、学校行っていいぞ。」 「ほんとに!?」 「ああ、点滴外すからちょっと待ってろ。」 今日は始業式である。ここ数日体調を崩していたが、なんとか間に合ったようだ。針を抜いてもらった後、着替えていると、インターホンが鳴った。 ピンポーン…… 「こんな朝早くに誰だ?」 浩が出て行こうとすると外から声が聞こえた。 かーずーくーん、はーやーくー この声は… どうやら声の主は、隣の僕の部屋の前で、待っているようだ。浩も誰が来たか気付いたようで、寝室に戻ってきた。 ピンポンピンポンピンポンピンポーン… 隣の部屋のだから少し音は小さいが、この連打は何度聞いても慣れない。 「朝から元気だな。」 浩は苦笑いしながらそういう。 僕はさっと制服を着て、ドアを開けた。 「開生、うるさい。」 「おう!おはよ!って、あれ?そっち?」 僕が隣の部屋から出てきたことに驚いているのは、杉元開生(すぎもとかいせい)中学からの親友である。 「開生、おはよう。」 部屋から浩も出てきた。 「あ、菅井さんおはようございます!もしかして、和、また体調崩しました…?」 開生は、浩が僕の専属の医者になっていることを知っている。 「ちょっとだけな、点滴もしたから大丈夫だと思うんだけど、何かあったら頼む。」 浩も、僕と開生が中学以来の仲だと知り、開生を弟のように可愛がって信頼している。 「和も病み上がりなんだから、無理すんなよ?」 「うん、いってきます。」 「ん、いってらっしゃい。」 そういい、浩は僕に触れるだけのキスをした。 「はっ!?えっ、え!?」 「じゃあ開生、和を頼んだぞ。」 驚いている開生に浩はそう声をかける。 「えっ、あ、ええ、はい!」 開生の返事を聞くと、浩は部屋の中に戻っていった。 「開生、行こ。遅刻する」 目を見開いたまま、ぼーっと立っている開生に僕は声をかけた。 「お、おう!」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!