18 / 95

変化 1 開生side

開生side ──パタン 目の前のドアが閉まる。ひとつ息を吐き出し、帰路に一歩踏み出したところでその足を止める。目線の先には、寝起きのような風貌の男。寝癖のような癖っ毛の髪に、上下灰色のスエット。こんなだが、塩系男子だとか言って学生時代はモテたそうだ。 「やぁ。」 目の前の男はいつものように軽い声を発した。 「陸斗さん…。」 「あれ、結構すごいよね?」 「…あれ?」 「浩と和くんだよ。」 「ああ、確かに、すごいですよね。」 先程の2人を思い出す。あの和が堂々と人前でキスしたことには正直少し驚いた。と言っても、朝のも、さっきのも、菅井さんからだけど…。 「あれは相当お互いのめり込んでるねぇ。」 「和にしちゃ、珍しいですね。相当菅井さんのこと好きなんでしょうね。」 「それはどうかなぁ?」 陸斗さんはくいっと口角を上げた。こんな顔をした時は大抵いい事を考えてない。 「どういう事ですか…。」 明らかに俺は怪訝な顔をした。 「あははっ、怖い顔しちゃって。」 陸斗さんはそれでも、俺の反応を楽しむかのように続ける。 「和くんは本当に心の底から浩のこと愛してるのかなぁと思って、ね?」 「俺にはそう見えますけど…。」 陸斗さんはなんだかんだで、鋭い人だ。洞察力にかなり長けている。 だから俺の胸は少しざわついた。 「陸斗さんはどう思ってるんですか、」 俺の質問が意外だったのか、驚いているように見えた。 「んー、そうだねぇ、浩の悪い癖が出ないと良いなって思ってるかな。」 「悪い癖…?」 「そう、悪い癖。まぁ、開生がいるし、その心配はしなくていいんじゃない?もしもの時は俺が知らせてあげるよ。あ、今日は開生に会うと思わなかったからさ、煙草持って来てないよ?」 その言葉と態度は、これ以上は教えないと言っている様だった。 「…ぁあ、いえ、それは構わないですけど…。」 「開生って、好青年って感じだから煙草とかそこまで似合わないね、どこでこんなの覚えたの?やっぱり友達?」 「ええ、和が吸ってたから…。」 「へぇ?ほんと?あんな可愛い子が?もっと似合わない。あ、でも最近はそういうギャップがいいらしいねぇ。」 まさに、そう。以前、中学の卒業式のあと打ち上げで行った店で突然、和が煙草を吸い始めた事がある。俺もかなり驚いたが、他のやつらの和へ向ける眼差しはどこか違っていた。あどけなさが残る顔だが、中学生にしては少し落ち着いている雰囲気。なぜか妙にマッチしていて、引き寄せられる様だったと、そこにいた多くのやつらが言っていた。 「ああ、でも菅井さんには内緒にしててください。今も和は禁煙中なので。」 「もちろん。じゃあいい事も聞けたし、あの2人の邪魔もできなさそうだし、帰るね~!じゃあね、開生、またね。 陸斗さんの背後を見送る。 「何しに来たんだ、あの人…。」 呟いた言葉はすぅっと薄暗い空に消えていった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!