19 / 95

変化 2

「…どう?」 僕は真剣な眼差しで浩を見つめていた。まるで試験の合否発表を待っているような緊張感。そうすると浩は柔らかい笑みを浮かべた。 「すげえ美味い。」 浩の言葉に体の力は抜ける。 「よかった…。」 今まで身売りの客に対して作っていた時は自信があり、それほど気にしてはいなかったのに。相手が浩となれば、浩の口に合うかとか色んな事が気になってしょうがない。 「和の作る料理は本当に美味い、完全に俺の胃袋掴まれてる。」 そんな浩の言葉にただただ嬉しくなった。 「じゃあ、僕も…いただきます。」 浩の半分とまではいかないものの、僕は自分の分のご飯もちゃんと盛っていた。それを見た時、浩は嬉しそうに僕にキスをしてくれたんだ。 ちゃんと完食しなきゃ…。 僕のスピードに合わせて浩もゆっくりと食べてくれる。今日の始業式の話をしたり、たわいも無い話をしながらゆっくりと平らげていった。 「はぁっ、、ぁ、、かはっ!はぁっ、はっ、」 「大丈夫だ、ゆっくり息しろ。」 あの後すぐに、僕は食べたものを吐いてしまった。浩に背中をさすって貰い、全て吐ききった僕は、まだ息があがったままで。浩は僕を抱えてベットまで運んでくれた。 「はぁっ、、はっ」 「和、点滴するから、ちょっと腕の力抜けるか?」 腕を浩に撫でられ安心感に包まれる。少しの痛みも無く処置が施され、しばらくすると呼吸が楽になってきた。その間もずっと浩はベッドに腰掛け、僕の頭を撫でてくれていたのだった。 「浩っ。」 「んー?」 「また迷惑かけて、ごめんなさい…。」 困った様に浩は笑う。 「心配するな、今日はもう寝な?」 段々と重くなってくる瞼に浩はちゅ、っと唇を落としてくれて。それは睡眠薬のようで、僕はすぐに眠りについた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!