24 / 100

虚風 3

「ちょっと力入れすぎたかな?」 ドクドクと血が流れる。痛さからか生理的にじんわりと目に涙が浮かんできた。 「痛い?」 そう言われて、枕に顔を沈めながらコクコクと頷く。 「そっか…でも俺が味わった痛みはこんなのじゃ済まない。悪い子にはしっかり教えないと、ね。」 グサッ 「ンーーーーーーーーッ!!」 「和、」 シュッ 「ぁあ''…、」 「言うことあるでしょ。」 ブチッ、ブチッ 「ん''あああっ…!」 グサッ 「ァァァアア''!」 「ほら早く。」 今は何画目だろうか。内田さんの手が一旦止まる。もう既に抵抗する力は全くなくて、ぼうっと窓の外を見つめた。恐怖心どころか、考える事も出来なくなってきて。無意識に彼の名前を呼んでしまう。 「こ、う………。」 「ふふっ… フハハハハハハハハハハッ!アハッ!アッハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!」 狂気に満ちた笑い声。痛いくらいに脳に響いて、僕は目をぎゅっと瞑る。いっそのこと僕も狂ってしまいたい…。 「はぁ〜ああ残念、菅井浩、だっけ…?」 その名前に、僕の目は焦点を取り戻した。 「なっ、なにっ……いっ!」 できる範囲で振り返り内田さんを見た。しかし腰を捻じった衝撃でさらなる痛みが走る。 「あの男には消えてもらう、意味わかるよね?」 「…っ!お願いっ、浩には手を出さないで、下さい…っ。」 僕が懇願する間も、内田さんは腰の傷を指でなぞる。その度に僕の体はビクリと震えた。 「和が悪いんだよ?和のせいであの男は…。」 僕のせいで浩は殺されてしまう。僕のせいで…。内田さんが怒っているのも、僕が内田さんからのプロポーズを受け入れず、それどころか会うことさえ勝手に終わらせてしまったから。 すべては僕のせいだ。 そうだ、僕が好き勝手にやっているから。そのせいで浩は…。 だったら、 「…ッ、わ、かりました…。」 僕は目を瞑る。そして静かに呟いた。 「この間のプロポーズ、受け入れます。」 目を閉じているのに、一筋の涙が頬を伝った。 「ククッ…、物分りがいいね和は。一生俺のそばにいてくれるんだね?」 「……はい。」 その言葉を発した瞬間、なんだか全てがどうでも良くなった。 「約束だよ…?」 手は拘束されたまま、仰向けにされる 久々に合った目は、狂気の色を含んでいた。 「はい…。」 僕は、ぼんやりと内田さんからの誓いのキスを受け止めた。 「じゃ、やろっか?」 何も感じるな。何も考えるな。ただ、ただ、受け入れろ。 頭の中で誰かが僕にそう囁いた気がした。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!