32 / 100

向風 2

「起きて、和。」 優しく揺すられて、目をこすると、内田さんはにこりと笑う。 「……大丈夫?」 そう聞かれ、何が大丈夫なのか考える間もなく、身体に痛みが走った。 「……っう、」 「ごめんね、痛みでうなされてたみたいだから起こしちゃった、鎮痛剤打っといたんだけど、腰の傷が熱持ってきたみたいだね、服捲るよ。」 そう言いながら、僕の腰に表面麻酔薬を塗っていく。冷たい手が熱い皮膚に触れ、少し安心する。 「綺麗に痕残りそうだよ。」 愛おしそうにその傷に触れる内田さん。ああ、名前彫られたんだっけ…。 凄く嫌な事なのに、それがどうでもいい位に体が重い。 「ぅ、ちださん…。」 声を出して初めて分かった。喉も凄く枯れて痛い。 「ん?」 傷を撫でていた手が、頬をなぞった。 「からだ、だるい、です…。」 ふと内田さんは微笑む。 「もう少し寝る?今夜に備えて、ね?」 「今夜…?ぁっ、んん」 覆いかぶさるようなキス。少し抵抗する僕に躊躇することなく舌が割って入ってきて、錠剤が押し込まれる。 「菅井浩の名前は出さないこと、逃げようとしないこと、毎日俺とセックスすること。まずはこれから守っていこうか。」 「えっ、そんなっ…」 「守れるよな?簡単だろ?俺に従ってさえいれば、菅井浩を殺したりしない。」 変わる雰囲気に僕は身震いする。 「躾部屋にだって行きたくないだろ?」 躾部屋────。 ンンッ……ァ…ァァァアっ…! 内田さんもう抜いてっ、どこっ、ぁあっ! ヴーーーーッ もう、イキタクナイ ァアア''…… ──── ガン、と頭が響く。振り払おうとしても消えない記憶。 「もう、行きたく、ない…。」 「ん、和なら守れるね、えらい子だ…。」 ゆっくりと頭を撫でられると同時に、何故か瞼が重くなってきて、僕はまた深い眠りについた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!