38 / 95

監禁生活 2 R18

「………ぁっ…ン、」 肩を押されてドサリとシーツに身体が沈む。反動で勝手に出た声はすぐに内田さんに食われた。息苦しくて更にぼんやりとした思考の中で、せめて優しくして欲しいと思う。両腕を内田さんの背中に巻きつけると、鎖の音が鳴った。 もう逃げることなんて出来ない。この人にさえ従っていれば、浩は助かる。自分さえ我慢すればそれでいい。今までの自分にバチが当たったんだ。…僕に幸せになる権利なんてもうとっくになかったんだ。それでも、浩が助かるなら、内田さんが僕を求めるなら、それに応えよう。 「挿れるよ、和。」 その言葉に、更に強く内田さんにしがみついた。 「ふふ、かわいい。」 内田さんはちゅ、ちゅ、と肩にキスを落とし、ゆっくりと後孔に宛てがっていたモノを挿入した。 「は、ぅ…。」 みちみちと肉壁を分けて入ってくる熱にぞわりと身体が悲鳴をあげる。 だめだ、拒んでは。 感じないと───。 「う、ちださん、、やあぁ…。」 「ん?」 少し汗ばんだ前髪を掻き分けられて。僕はその手を掴んで、指先を舐めて内田さんを誘う。 「もっと…。」 「ひあっ!!…アっ!、アアッ!」 僕の言葉に内田さんは狂ったように腰を振った。 「和っ、俺のこと、好きかっ…?」 「ンンッ!……アッ、は、うああっ!」 ズンズンと衝撃が走る。 「はぁっ、す、き…ああっ、好きです、うち、ださんが好きっ!内田さんだけが…アッ、んんっ」 「そんなに好きなら、どうしてほしい?」 ぐぽっ… モノが抜け、ヒクつく孔からトロリとどちらのものとも分からない液が流れている。僕は先程耳打ちされた言葉を繰り返した。 「もっと、奥、突いて…ぐちゃぐちゃに、して下さいっ……ああああっ!」 ぐっと腰を上げられ、ほぼ真上からの挿入に一際大きな声が出る。 「あっっ、ああッ!あっあっ、んぁ!あっッ、ああっ!あッあッあアァアアアッ!!」 「ハッァ、イクよ…。」 「お願いします、中にっ、中にクダサイ───」 「愛してるよ、和…。」 ドクドクと腹に注ぎ込まれるのを感じながら、僕は内田さんの言葉に応える。 「僕もです、内田さんだけを…愛しています。」 その時僕は一筋の涙に気づかないフリをした───。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!