21 / 948

ー友情ー

望の方も雄介を見送った後に部屋の方へと戻って行く。 そして、部屋に入ると大きなため息を吐くと何をするのではなく、ただボッーとしていた。 その後に入って来た和也は、わざとなのか、無神経ともいうのか? 「やっぱ、アイツが退院しちまった事が嫌だったのか?」 そう言いながら完全な2人きりになれた和也はここぞとばかりに望へと近付く。 そして、望の肩へと腕を回すのだった。 「そんな訳ねぇだろ?ってか、何だお前!そろそろいい加減にしてくれねぇかな!?」 どうやら、望は雄介に告白の返事が出来なくて、イライラとしているのか、そんな風に神経を逆なでしてくる和也に八つ当たりでもしているかのようだ。 「俺はただ単に…望に元気がないから声を掛けて上げてるだけじゃねぇか…だからさ、そんなに怒る必要はねぇだろ?」 「ってかさ、前から言おうと思ってたんだけど…奴が絡むとなんか邪魔しに来てなかったか?だから、俺が…アイツに…告白…あ、いや…な、何でもねぇ…」 最終的に望は言葉を詰まらせると急に立ち上がって和也の事を睨み付ける。 そんな望の行動に和也はひと息吐くと、 「別に〜…俺は普通の事をしてるだけだし、言っていただけだろ?それに、望が異常に反応していただけって事なんじゃねぇのか?それに、俺は本当に普通に仕事をこなしていただけだっ!」 こんな風にこの2人は今まで1回も喧嘩のようになった事はなかった。 そんな怒鳴り声が部屋内に響き渡る。 そんな和也にもう返す言葉がなくなった望は大人しく椅子へと腰を下ろすと、完全に和也の事を無視すると再びパソコンへと向かう。 そして、和也は捨て台詞のように、 「アイツがいなくなったからって、俺に当たってんじゃねぇよ…」 と言ったのだが、望の方はその言葉以降和也の事を完全に無視するのだった。 それがきっかけで和也と望の関係は崩れてしまったのか、これ以上一緒に仕事が出来ないと思ったのか、望は今は不在の医院長へと電話を掛け、和也とのコンビ解消を告げるのだった。 暫くの間、望は違う看護師さんと、和也の方も違う医者とコンビを組んで仕事をする事になってしまっていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!