2 / 10

02

「セーラー服じゃないの?」  図書室で自習をしていた俺の背後に立った東城先生が、耳元に口をつけて生暖かい息を吹きかけてきた。 「俺、男なんで」 「知ってる」 「着るわけない」 「昨日は着てた」  俺が先生を睨むために振り返ると、にやりと口元を緩めて笑っていた。  その笑みがまるで馬鹿にされているように感じられて、腹がたつ。俺だって好きであんな恰好をしているわけじゃない。  家のため。というか、学費のため。いや、小遣いのため、かもしれないが。とりあえず、親父のおかまバーが繁盛すれば、売上はあがるわけで。売上がよければ、俺たち親子の生活が潤うってもんだろ。  親父いわく、俺は母さんに似て美人らしいから。男が美人ってなんだよって思ったけど。親父も、親父の恋人も「美人だから」って。  まあ、ためしに女の恰好をして店に出たら……まあ、なかなか評判が良かったってだけ。ほんとにそれだけ。  俺は根っからの男だし。女が好きだ。目の前にいる男に食われるような男じゃない……はずだ。  昨日のは、口止めであって、決してそういうもんじゃない。愛だとか恋だとかそういった色のついた感情はない。同性にそんな感情、湧くわけない。 「今夜行くから。制服着て、待ってろ」  東城先生が俺の肩をポンと叩くと、離れていった。図書室の本を借りるのか、入り口で図書カードを差し出している姿を俺は睨みつけてやった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

それは、もう数十年も前の話。ともに十七歳の彼らはある日、街中でばったりと出くわした。
2リアクション
1話 / 9,525文字 / 60
2018/12/8 更新
好きな子の心の声が聞こえてきたらどうする?ずっと片思いしてた子に告白した。何故か、その次の日から……
高嶺の花からどんな目に遭わされても諦めない男の話
94リアクション
11話 / 9,514文字 / 140
2018/12/20 更新
年下の少年に向けて放つ、おっさんの闇のように黒い包容力
38リアクション
3話 / 8,841文字 / 114
2018/12/15 更新
下宿屋の主人と下宿人の恋。
188リアクション
7話 / 9,987文字 / 404
2018/12/26 更新
【R18】死にたがりの年上×大学生コンビニバイト
9リアクション
5話 / 6,877文字 / 44
2018/12/29 更新