7 / 37

後日談~弟くんへのご挨拶(椎名視点)7

「相庭くん、ここに座りなさい」  自分の正面の床をペシペシ叩くと、怪訝な顔をした相庭が無言のまま導かれた場所に腰を下ろした。――素直で大変よろしい。 「単刀直入に聞こう。君はブラコンなのかな?」 「そんなことはっ…………なくもない、ような気がする、かも……」  言い回しは潔くないが、どうやら自覚はあるらしい。 それならまだ希望は持てるかと、内心でほっとした。  両手で相庭の肩を掴み、にっこりと、しかし圧力をかけるように笑みを浮かべる。 「よし、じゃあ今日からブラコンは卒業だ」 「え!? そんなの無理。円ちゃんがいないと、俺……!」  飛び上がらんばかりの勢いで、相庭はブンブン首を横に振った。 あまりの抵抗っぷりに頭が痛くなる。  ――これはわりと重症の部類だ。弟離れは難しいかもしれない。  なんにせよ無理強いはよくないし、信頼関係を壊しては元も子もない。 「わかった。円くんのことは好きなままでいいから、頼ったり、甘えたりは、俺だけにして」 「へ……」  眉をハの字にしたまま、相庭がキョトンとした顔をしている。 ここは意地を張らずに、心の中を見せることにした。 「円くんにしか甘えた顔を見せないなんて、ずるい」 「ずるいって……」 「妬いてんの、わかんない?」 「……や、妬いたの?」  相庭の頬がわかりやすく赤みを増す。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!