15 / 37

新年SS 04

「……そんなこと思ってたんだ」 失恋の傷口がまだ塞がらず、椎名も複雑な心境だったらしい。 まったく違う方向を向いた二人が、互いに痛みを抱えたままこの場所に並んでいたことを思うと、また胸が疼く。 「でも、相庭が俺の隣に残ってくれたことだけは、死ぬほど感謝した。縁の糸を切らないでくれてありがとうございますって。それだけ神様に伝えた」 「……そ、れは」 思いがけない言葉に目を見開く。 それが愛と呼べる想いではなかったとしても、こみ上げてくるものがあった。 うまく会話を続けられず、湧き上がった感情を零さないように、喉の奥で転がした。 椎名は気に止めることなく「今年はさ……」と声を潜めて言った。 「今年は、相庭にもっと好きになって貰えるように、頼りがいのある男になるって宣言してきた。……ん? あれ、これお願いじゃないか」 失敗した、と呟きながら椎名が一笑する。 けれど、もっと好きに……の意味がわからず、首を傾げた。 一方的にずっと椎名を想い続けてきて、これ以上なんてことになったら、醜く歪んでねじ曲がってしまいそうだ。 「俺は……これ以上好きになりたくない」 「……どうして?」 搾り出すように告げると、椎名が訝しげな視線をよこした。 みっともなくて正直に言うのははばかられるけれど、守るほどのプライドもない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

誓いのキス。指輪の交換。それから……
49リアクション
1話 / 2,646文字 / 108
2017/6/23 更新
完結
ドール
会社員(ドール愛好家)44歳×大学生20歳
64リアクション
11話 / 9,982文字 / 137
2017/10/3 更新
「だって、兄ちゃんは僕のヒーローだから!」一見完璧な俺の弟は、俺以外に興味がない超ブラコンで!?
153リアクション
20話 / 25,618文字 / 281
2018/8/19 更新
淡く笑う、あなたの全てを知りたい。始まり方は人それぞれ――ただ、終わりが幸せなものであればと。
656リアクション
73話 / 43,647文字 / 1,070
2/4 更新
自己評価『可も無く不可も無い』学と、『極上の美人』要とが何やかやで結ばれるまでの話。
14リアクション
18話 / 86,335文字 / 73
2018/12/3 更新
ファンタジーML、人間×獣人。近未来の仮想世界。
3話 / 2,875文字 / 0
3/31 更新