15 / 37

新年SS 04

「……そんなこと思ってたんだ」 失恋の傷口がまだ塞がらず、椎名も複雑な心境だったらしい。 まったく違う方向を向いた二人が、互いに痛みを抱えたままこの場所に並んでいたことを思うと、また胸が疼く。 「でも、相庭が俺の隣に残ってくれたことだけは、死ぬほど感謝した。縁の糸を切らないでくれてありがとうございますって。それだけ神様に伝えた」 「……そ、れは」 思いがけない言葉に目を見開く。 それが愛と呼べる想いではなかったとしても、こみ上げてくるものがあった。 うまく会話を続けられず、湧き上がった感情を零さないように、喉の奥で転がした。 椎名は気に止めることなく「今年はさ……」と声を潜めて言った。 「今年は、相庭にもっと好きになって貰えるように、頼りがいのある男になるって宣言してきた。……ん? あれ、これお願いじゃないか」 失敗した、と呟きながら椎名が一笑する。 けれど、もっと好きに……の意味がわからず、首を傾げた。 一方的にずっと椎名を想い続けてきて、これ以上なんてことになったら、醜く歪んでねじ曲がってしまいそうだ。 「俺は……これ以上好きになりたくない」 「……どうして?」 搾り出すように告げると、椎名が訝しげな視線をよこした。 みっともなくて正直に言うのははばかられるけれど、守るほどのプライドもない。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!