15 / 37

新年SS 04

「……そんなこと思ってたんだ」 失恋の傷口がまだ塞がらず、椎名も複雑な心境だったらしい。 まったく違う方向を向いた二人が、互いに痛みを抱えたままこの場所に並んでいたことを思うと、また胸が疼く。 「でも、相庭が俺の隣に残ってくれたことだけは、死ぬほど感謝した。縁の糸を切らないでくれてありがとうございますって。それだけ神様に伝えた」 「……そ、れは」 思いがけない言葉に目を見開く。 それが愛と呼べる想いではなかったとしても、こみ上げてくるものがあった。 うまく会話を続けられず、湧き上がった感情を零さないように、喉の奥で転がした。 椎名は気に止めることなく「今年はさ……」と声を潜めて言った。 「今年は、相庭にもっと好きになって貰えるように、頼りがいのある男になるって宣言してきた。……ん? あれ、これお願いじゃないか」 失敗した、と呟きながら椎名が一笑する。 けれど、もっと好きに……の意味がわからず、首を傾げた。 一方的にずっと椎名を想い続けてきて、これ以上なんてことになったら、醜く歪んでねじ曲がってしまいそうだ。 「俺は……これ以上好きになりたくない」 「……どうして?」 搾り出すように告げると、椎名が訝しげな視線をよこした。 みっともなくて正直に言うのははばかられるけれど、守るほどのプライドもない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

“運命”だと分かった時、すべてを投げ捨ててでも共に生きる覚悟があるか。
5リアクション
5話 / 4,201文字 / 13
2017/8/16 更新
夏になると決まってオレは同じ夢を見る。大学生同士のちょっぴりホラーテイストの小話です。
5リアクション
6話 / 9,423文字 / 10
2017/8/10 更新
【R18】獣人×獣人。縄張り争いに負けてしまったボスの話。
7リアクション
3話 / 14,489文字 / 0
2018/4/30 更新
京介とアサトの元に訪れたセールスマン。彼は呪われた1対の宝石を持ち込んできた。
9リアクション
4話 / 34,415文字 / 101
2018/7/9 更新
獣人×オメガバース
36リアクション
13話 / 29,998文字
2019/3/31 更新
ケモ耳生活のはじまり!?
10リアクション
3話 / 8,812文字 / 20
2019/5/11 更新